【観光】鮮やかな赤紫のブーゲンビリア、熱海港をパープルに染める

熱海港7

熱海市の市街各所でブーゲンビリア(オシロイ花科)が見ごろを迎え、夏の熱海を演出している。定期船が初島や伊豆大島を行き来する熱海港までは、鮮やかな赤紫の花(苞葉)が観光客や島の人たちをもてなしている。市街では、熱海ブーゲンビリアの会(富田榮仁会長)が糸川遊歩道のブーゲンビリアを挿し木して育てたものを希望者に配布し、各所でご覧のように見事な花を咲かせている。いずれも6月いっぱい楽しめ、9月と11月にも繰り返し咲き、今度は秋と冬に訪れる人たちの目を楽しませる。

5 3 46 熱海港1

熱海港

IMG_5146ss5

糸川遊歩道

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-27

    「変異種感染者の市町名公開を」齋藤栄市長、コロナ情報開示で県を批判

    熱海市の齋藤栄市長は1月26日、英国で流行している新型コロナウイルスの変異種への感染が静岡県内で4…
  2. 2021-1-27

    【お悔やみ】稲葉精司さん(熱海市紅葉ガ丘)1月25日死去

    稲葉精司さん(いなば・つかさ)1月25日死去、81歳。熱海市紅葉ガ丘町18の58。出棺28日午前1…
  3. 2021-1-26

    熱海市、中小事業者に2度目の給付金10万円 1月か12月の売上半減が条件

    熱海市は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言などの影響で売り上げが大幅に減少した中小事…
  4. 2021-1-25

    熱海市で高齢でない成人がコロナ感染 感染経路は県内陽性者との接触/1月25日

    静岡県は1月25日、熱海市に住む高齢でない成人(熱海市87例目、県4256例目)の新型コロナウイル…
ページ上部へ戻る