【花情報】無情の象徴「ナツツバキ」、散り様の美 澤田政廣記念美術館

2
沙羅(さら)の名で親しまれるナツツバキが熱海梅園に隣接する澤田政廣記念美術館の横で花を開かせ、毎年この時期を楽しみにしている市民や花愛好家が鑑賞に訪れている。平家物語にうたわれる「沙羅双樹(さらそうじゅ)」の花として知られるこの花は、朝咲いて夕方には散ってしまう。
無常の象徴として人気があり、同美術館には開館した26年前から4本のナツツバキが植栽されている。訪れた人たちははかなく散り、川面に落ちた花をうっとりと見入っている。
沙羅は仏教の開祖・釈迦がその樹下で入滅したとされ、日本ではナツツバキを沙羅としている。

1 3

6月14日撮影

1 2

6月20日撮影

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-2-24

    早見優さんゆかりの河津桜が満開/熱海市咲見町・医王寺 

    熱海市街のあたみ桜が見頃過ぎに入り、後を追うように熱海市でも河津桜が見頃を迎えた。市内咲見町…
  2. 2019-2-24

    富士山の日、「熱海梅園・早春ウォーク」/熱海まち歩きガイドの会

    民間観光ボランティア「熱海まち歩きガイドの会」(疋田和歌子代表)は2月23日、熱海梅園で「富…
  3. 2019-2-24

    【お悔やみ】山田静夫さん(熱海市和田町)2月22日死去

    山田静夫さん(やまだ・しずお)2月22日死去、87歳。熱海市和田町。通夜25日午後6時。告別式26日…
  4. 2019-2-24

    【お悔やみ】宇田利孝さん(熱海市清水町)2月22日死去

    宇田利孝さん(うだ・としたか)2月22日死去、80歳。熱海市清水町。通夜24日午後6時。告別式25日…
ページ上部へ戻る