【文化】来年2月5日にリニューアルオープン決定、MOA美術館

????????????????????????????????????

改修工事のため、3月7日から休館しているMOA美術館(熱海市桃山町)が、来年2月5日にニューアルオープンすることが決まった。今回の改修では、ロビーエリア、展示室、ミュージアム・ショップ、カフェレストランを新装する。デザインの基本設計は、世界的に活躍している現代美術作家・杉本博司氏と建築家の榊田倫之氏が主宰する「新素材研究所」が手がけ、新しい美術館に生まれ変わる。問い合わせ☎0557-84-2531(同美術館)

写真=豊臣秀吉が天正14年、京都御所に組立式の黄金の座敷を運び、自ら茶を点じて正親町天皇に献じたと言われている「黄金の茶室」。MOA美術館の「黄金の茶室」は太閤の黄金の茶室を復元したもので太閤のものと同様、組み立て式になっている。

img283

img284

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-5

    自民県議連、起雲閣で熱海・伊東の経済団体と意見交換 県への要望聴取

    静岡県議会の最大会派「自民党改革会議」の観光産業振興議員連盟(宮沢正美会長)は6月4日、熱…
  2. 2020-6-4

    コロナ対策優先、熱海フォーラム事業凍結 齋藤栄市長が議会で表明 

    熱海市の齋藤栄市長は6月4日、市議会6月定例会で、新型コロナウイルスの感染拡大防止に対応するため、…
  3. 2020-6-3

    【動画】イベント自粛中の熱海梅園でゲンジボタル、ひっそりと幻想的な光のショー 

    例年なら6月上旬は初夏の風物詩「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」の真っ只中。多くの観光客や市民が…
  4. 2020-6-3

    特別定額給付金10万円 郵送申請分の振込み開始、初日は495世帯 熱海市

    国が国民1人当たり現金10万円を配る「特別定額給付金」の郵送申請者への給付が6月2日、熱海市でも始…
ページ上部へ戻る