【文化】来年2月5日にリニューアルオープン決定、MOA美術館

????????????????????????????????????

改修工事のため、3月7日から休館しているMOA美術館(熱海市桃山町)が、来年2月5日にニューアルオープンすることが決まった。今回の改修では、ロビーエリア、展示室、ミュージアム・ショップ、カフェレストランを新装する。デザインの基本設計は、世界的に活躍している現代美術作家・杉本博司氏と建築家の榊田倫之氏が主宰する「新素材研究所」が手がけ、新しい美術館に生まれ変わる。問い合わせ☎0557-84-2531(同美術館)

写真=豊臣秀吉が天正14年、京都御所に組立式の黄金の座敷を運び、自ら茶を点じて正親町天皇に献じたと言われている「黄金の茶室」。MOA美術館の「黄金の茶室」は太閤の黄金の茶室を復元したもので太閤のものと同様、組み立て式になっている。

img283

img284

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-27

    「変異種感染者の市町名公開を」齋藤栄市長、コロナ情報開示で県を批判

    熱海市の齋藤栄市長は1月26日、英国で流行している新型コロナウイルスの変異種への感染が静岡県内で4…
  2. 2021-1-27

    【お悔やみ】稲葉精司さん(熱海市紅葉ガ丘)1月25日死去

    稲葉精司さん(いなば・つかさ)1月25日死去、81歳。熱海市紅葉ガ丘町18の58。出棺28日午前1…
  3. 2021-1-26

    熱海市、中小事業者に2度目の給付金10万円 1月か12月の売上半減が条件

    熱海市は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言などの影響で売り上げが大幅に減少した中小事…
  4. 2021-1-25

    熱海市で高齢でない成人がコロナ感染 感染経路は県内陽性者との接触/1月25日

    静岡県は1月25日、熱海市に住む高齢でない成人(熱海市87例目、県4256例目)の新型コロナウイル…
ページ上部へ戻る