【観光】夏の風物詩「宮川マス釣り大会」、優勝者は54センチの超大物

13501751_1020899824683592_6881585676587071917_n 熱海市下多賀の宮川で3日、「平成28年下多賀宮川マス釣り大会」が開かれ、夏の強い日差しが注ぐ中、県内外の愛好家500人が腕前を競った。年間を通じて「宮川」の美化に取り組んでいる下多賀町内会(中島和明会長)が毎年この時期に主催する大会で、今年も宮川上流の宮中橋から下流の老松橋までの約500メートル間で実施した。51回目の大会となった今年は白糸の滝(富士宮市)近くで育ったニジマスを3000匹放流した。
「町の川」を憩いの場に観光客と地区住民が一体となって水辺で交流できるイベントとして定着し、下多賀地区の夏の風物詩になっている。近年は市外からの参加者も急増し、この日も川の両岸から大物を狙ってイクラなどを餌に釣り糸を垂らし、大人の部で優勝した相川一美さん(東京都八王子市)は54センチの大物を釣り上げ、「地球を釣り上げたようなずしりとした手ごたえだった」と相好を崩した。子供の部の優勝は村木航斗君(下多賀)の53・5センチだった。
今年はマスのつかみ捕りやバーベキューコーナーも新設され、大勢の観光客や市民でにぎわった。

全体 子供専用 女児2 子供アップ 橋 釣果tyouka看板

7月3日の宮川マス釣り大会

0630 IMG_7966s

6月30日の宮川

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-30

    経済損出額191億円 3〜5月の熱海宿泊客数、前年比3分の1以下

    熱海市は5月29日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3月から5月の宿泊客数が去年の同じ時期の3…
  2. 2020-5-29

    「青紫」の花びら、熱海に初夏告げる 「ジャカランダ」続々開花 

    熱海市に初夏を告げる世界三大花木の一つ「ジャカランダ」が、熱海サンビーチと国道135号線に挟まれた…
  3. 2020-5-29

    歌手生活60年、橋幸夫さんが熱海警察署「一日署長」 安全の架け「橋」

    今年7月で歌手生活60年を迎える橋幸夫さん(77)が5月29日、熱海警察署の一日署長を務め…
  4. 2020-5-28

    特別定額給付金10万円 熱海市、第1回目の振込実施 オンライン申請者へ

    新型コロナウイルスに伴う緊急経済対策として国が国民1人当たり10万円を配る特別定額給付金について …
ページ上部へ戻る