【例大祭】二見白空さんが「神女神楽」を披露、来宮神社で公開稽古

カバー
来宮神社例大祭(7月14~16日)で奉納する「神女神楽(みこかぐら)」の公開稽古が3日夜、同神社参集殿であり、熱海市銀座町の釜鶴専務・二見一輝瑠さん、若菜さん夫婦の長女白空(はく)さん(6歳、市立第一小1年)が、例大祭で舞う「神女神楽(みこかぐら)を披露した。雨宮盛克宮司、祖父の康一さん夫妻らが見守る中、本番同様に神女役の櫻井清孝さんと小山太一さんを従えて、笛、大太鼓、大拍子、鐘に合わせて神妙な面持ちで舞い、鈴の音を響かせた。
例大祭の主役ともいえる御神女は同神社とゆかりが深い氏子から毎年1人選ばれ、今年は保存会や祭典委員により、責任当番町(銀座町)の白空さんが選ばれた。二見家では康一さんの姉の中川幸子さん(73)以来の御神女の大役という。
神女神楽は、同保存会(本多勇治会長)が、鎌倉時代から続くしきたりに沿って6月18日から指導している。

笛 係
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
握手

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-3

    特別定額給付金10万円 郵送申請分の振込み開始、初日は495世帯 熱海市

  2. 2020-6-3

    熱海市街、鮮やかな赤や赤紫に染まる ブーゲンビリアが一斉に満開

  3. 2020-6-3

    熱海市の高齢化率(65歳以上人口)47・8%、静岡県の市で抜けてトップ

  4. 2020-6-2

    アベノマスク、熱海市でも配布始まる 2万1588世帯3万6417人へ

ページ上部へ戻る