【例大祭】浦安の舞、舞姫4人が十二単姿 稽古も本番モード

4人

来宮神社(雨宮盛克宮司)の例大祭(14-16日)で伝統の「浦安の舞」を奉納する4人の舞姫が3日、初めて十二単に身を包み、同神社で本番さながらの稽古を行った。今年の奉仕者は柳下美帆さん(熱海中2年、銀座町)、長田葵さん(同、相の原町)、東由珠さん(同1年、緑が丘町)、屋代悠那さん(同、上宿町)。先月半ばから連日稽古を続けてきたが、鎌倉時代から受け継がれた伝統の衣装は裾も長く、勝手が違う様子。それでも指導する雨宮宮司の姉の貴子さんが適切なアドバイスを送るとすぐに自信を取り戻し、いつもの笑顔が戻った。
例大祭では15、16日に、神社本殿や御旅所などで奉納する。

あっぷ 前 裾

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

顔

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-11

    御神女の小川寧子さん、伝統の「神女神楽」を披露 来宮神社例大祭で奉納

    来宮神社例大祭で「神女神楽(みこかぐら)」を奉納する小川寧子(おがわ・ねね)さん(第一小1年)が7…
  2. 2020-7-10

    来宮神社例大祭 「浦安の舞」公開稽古 コロナ予防で歴代初のデュオ奉納

    熱海市の来宮神社(雨宮盛克宮司)例大祭(7月14-16日)で「浦安の舞」を奉納する舞姫2人が7月1…
  3. 2020-7-10

    東急不動産、熱海港観光のホテル建設計画取り下げ コロナで先行き見通せず

    東急不動産(東京都渋谷区)が熱海港観光施設(現海釣り施設駐車場)の市有地を借り受けて会員制ホテルを…
  4. 2020-7-8

    休業要請外の売上減事業者 一律10万円給付 申請受付7月17日まで

    新型コロナウイルスのために収入が減った事業者のうち、休業協力金の対象から外れた事業者に熱海市が独自…
ページ上部へ戻る