【ゴルフ】彩香、20位に前進 最終日31位以内でリオ五輪”当確”

◇海外メジャー第3戦、全米女子オープン選手権3日(9日、カリフォルニア州サンマーティンのコルデバレーGC、パー72)
29位から出た渡辺彩香(22)=大東建託が3バーディー、2ボギーの71とスコアを伸ばして通算イーブンパーとし、29位から20位に浮上した。LPGAツアー関係者の試算によれば、明日の最終日で31位以内に入れば、現在五輪出場圏内にいる大山の世界ランクを上回り、リオ五輪出場が決まるという。
4位で出た野村敏京は2バーディー、5ボギーの75とスコアを落とし、通算2アンダーの214で首位と5打差の8位に後退。70で回ったリディア・コ(ニュージーランド)が通算7アンダーでトップに立ち、1打差の2位にチ・ウンヒ、朴城ヒョンの韓国勢が続いた。73の横峯さくらは3オーバーで44位。
◆渡邉彩香の話 「今週は初日から五輪を意識して臨んでいるが、コースに入ってからは難しいコースなので1ホールずつに集中できている。昨日までに比べて、ボギーの数が少なくなったのが収穫。最終日は4日間で一番いいスコアで回ってアンダーパーで終われるように頑張ります」

◆解説 リオ五輪の代表(日本勢上位2人)は今大会終了翌日の7月11日発表の世界ランクで決まる。現在、世界ランク46位の渡邉彩香は日本勢の4番手だが、42位の大山と45位の宮里がともに予選落ちしたことで、宮里の五輪出場が消滅。関係者の声を総合すると、3日目を終えて20位の渡邉彩香が今大会を31位以内でフィニッシュすると大山を上回り、五輪出場が内定する見通しという。

main

【テレビ】最終日:7月11日(月)=あさ6時00分~あさ8時00分

◆7月4日付の世界ランク
22位:野村敏京(3.33pt)=当確
42位:大山志保(2.04pt)
45位:宮里美香(1.98pt)
46位:渡邉彩香(1.97pt)
57位:鈴木愛(1.78pt)
65位:菊地絵理香(1.63pt)
66位:上田桃子(1.61pt)
82位:笠りつ子(1.37pt)
84位:横峯さくら(1.32pt)
85位:宮里藍(1.31pt)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-10

    東急不動産、熱海港観光のホテル建設計画取り下げ コロナで先行き見通せず

  2. 2020-7-8

    休業要請外の売上減事業者 一律10万円給付 申請受付7月17日まで

  3. 2020-7-8

    熱海の名所めぐる「湯~遊~バス」 7月10日から運行再開 

  4. 2020-7-8

    9月5日の秋の納涼海上花火大会も中止 熱海•伊豆山温泉

ページ上部へ戻る