【編集室】若狭勝さん「引き締め」ものともせず、敢然と小池百合子氏応援

舛添前知事の辞職に伴う東京都知事選挙が14日に告示され、21人が立候補し、31日の投票日に向け選挙戦が始まった。自民党の推薦を得られず、無所属で出馬となった小池百合子元防衛相の第1声に同党の若狭勝衆院議員が応援に駆け付け、熱弁しているのがテレビニュースで流れ、熱海市でも話題になっている。若狭さんは市内に別荘を構え、気さくに市民と接して意見を交換するなど、ファンが多い。

処分恐れず、国会議員ではただ一人支持表明
その若狭さんが、増田寛也元総務相を推薦した自民党の「引き締め」をものともせず、小池百合子候補の応援演説に立った。「今の都政を透明化させられる人は、小池さんの右に出る人はいない」とした上で、「都政の利権追及を行う」と宣言したことで支援を決めたという。
池袋駅前で行った小池氏の第一声では、自民党の国会議員ではただ一人、臆することなくマイクを握り、「私は、東京地検特捜部の副部長をやっていたんですよ。もし(都政の利権追及)チームができたら、間違いなく関与します。是が非でも小池百合子、何が何でも小池百合子」と訴え、支持を明言した。

小池氏「覚悟と信念に心から感謝」
自民党都連は、増田氏以外の候補者を応援した場合は、親族を含めて除名処分も辞さないという内容の「引き締め文書」を配布している。そんな中での若狭さんの応援だけに、小池氏は「私を応援すると、(自民党が)一族郎党を罰するということだが、それを乗り越えて、駆けつけてくださった。覚悟と信念に心から感謝する」と謝意を述べた。
気になるのは自民党の圧力だが、若狭氏は「親族を含むとしたのは、どうだろうか。仮に小泉純一郎元首相が小池さんの応援にきた場合、小泉進次郎さんがどうなるかということだ」と元特捜検事らしく切り返し、「(自民党の)組織として、自分の方に圧力はきていない」と話した。
熱海市には1万人もの別荘族”熱海都民”がおり、男気を見せる若狭さんにエールを送る人が多い。

若狭2wakasa

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-2

    アベノマスク、熱海市でも配布始まる 2万1588世帯3万6417人へ

    新型コロナウイルス感染拡大防止のため、政府が全戸に届ける布マスクの配達が熱海市でも始まった。2枚1…
  2. 2020-6-2

    夏開業予定の「熱海プリンスホテル」、秋以降に延期 新型コロナ影響で

    西武グループのプリンスホテル(本社・東京都豊島区)は、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、…
  3. 2020-6-2

    熱海市独自の経済支援策第2弾 市民と別荘所有者向けに「特別宿泊プラン」

    熱海市は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急経済対策の第2弾として「市民向け宿泊プラン」を実施す…
  4. 2020-6-1

    コロナで閉鎖の市営駐車場が再開 熱海サンビーチ、自家用車で行楽客続々 

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の日曜日となった5月31日…
ページ上部へ戻る