【編集室】熱海の名家、二見家から60数年ぶりの御神女 銀座商店街も祝福

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
来宮神社例大祭のメーン行事である16日の御神幸行列の途中、熱海銀座通りの老舗干物店「釜鶴」前で万歳の三唱があった。雨宮盛克宮司をはじめ、氏子や町内会の人たちが同店専務の二見一輝瑠さん、若菜さん夫婦の長女で御神女(おみこ)を務めた白空(はく)さん(6歳、第一小1年)を祝福した。
例大祭で「神女神楽(みこかぐら)」を奉納する御神女は、当番町から神社とゆかりが深い氏子から毎年1人選ばれる。今年度は責任当番町、銀座町の白空ちゃんが選ばれたが、責任当番町が回ってくるのは原則的に24年に1度。この知らせに両親にも増して喜んでいたのが祖父の康一さん夫妻だった。
二見康一さんの姉の幸子さん以来の御神女
熱海の名家で知られる二見家で御神女を務めるのは、康一さんの姉の中川幸子さん(73)以来60数年ぶり。当番町のめぐり合わせと、その年に相応しい女児がいないとご奉仕できないからだ。期待にこたえ、白空ちゃんは神女役の櫻井清孝さんと小山太一さんを従えて、笛、大太鼓、大拍子、鐘に合わせて神妙な面持ちで舞い、鈴の音を響かせて大役を務めあげた。その孫娘の晴れ姿を見て、康一さんは当時の姉の写真を手に「そっくりです」と相好を崩した。
60数年前にタイムスリップ。歴史の長さ、伝統の重みが垣間見れた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-9-26

    熱海土石流、捜索現場で土砂撤去作業中の男性死亡 藍染橋下に重機ごと転落

    9月25日午後4時ごろ、7月に土石流が発生した熱海市伊豆山の国道135号「逢初(あいぞめ)橋」の直…
  2. 2021-9-25

    熱海土石流、10月10日に伊豆山小体育館で追悼式 一般献花も

    熱海市は9月24日、伊豆山地区の大規模土石流発生から100日目となる10月10日午前10時から被災…
  3. 2021-9-25

    今宮神社例大祭、2年連続で神事だけ 神輿渡御・神輿パレードは中止 

    熱海市の今宮神社例大祭(10月19日、20日)の実行委員会(島田善一委員長)は9月24日、新型コロ…
  4. 2021-9-25

    【お悔やみ】中澤孝一さん(熱海市下多賀)9月23日死去

    中澤孝一さん(なかざわ・こういち)9月23日死去、83歳。熱海市下多賀562。通夜26日午後6時。…
ページ上部へ戻る