【編集室】熱海の名家、二見家から60数年ぶりの御神女 銀座商店街も祝福

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
来宮神社例大祭のメーン行事である16日の御神幸行列の途中、熱海銀座通りの老舗干物店「釜鶴」前で万歳の三唱があった。雨宮盛克宮司をはじめ、氏子や町内会の人たちが同店専務の二見一輝瑠さん、若菜さん夫婦の長女で御神女(おみこ)を務めた白空(はく)さん(6歳、第一小1年)を祝福した。
例大祭で「神女神楽(みこかぐら)」を奉納する御神女は、当番町から神社とゆかりが深い氏子から毎年1人選ばれる。今年度は責任当番町、銀座町の白空ちゃんが選ばれたが、責任当番町が回ってくるのは原則的に24年に1度。この知らせに両親にも増して喜んでいたのが祖父の康一さん夫妻だった。
二見康一さんの姉の幸子さん以来の御神女
熱海の名家で知られる二見家で御神女を務めるのは、康一さんの姉の中川幸子さん(73)以来60数年ぶり。当番町のめぐり合わせと、その年に相応しい女児がいないとご奉仕できないからだ。期待にこたえ、白空ちゃんは神女役の櫻井清孝さんと小山太一さんを従えて、笛、大太鼓、大拍子、鐘に合わせて神妙な面持ちで舞い、鈴の音を響かせて大役を務めあげた。その孫娘の晴れ姿を見て、康一さんは当時の姉の写真を手に「そっくりです」と相好を崩した。
60数年前にタイムスリップ。歴史の長さ、伝統の重みが垣間見れた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-5

    小池知事「都民は他県への移動遠慮を」静岡県「見えない感染者」警戒

    東京都で新型コロナウイルスの感染者が3日連続で100人を超えたのを受け、小池百合子知事は7月4日、…
  2. 2020-7-3

    令和樹神會、熱海中学校を訪問「モォー」塩見校長も豪快に「麦こがし」 

    来宮神社の例大祭で本年度御鳳輦(ごほうれん)奉仕を行う厄年奉賛会「令和樹神會」(れいわこだまかい)…
  3. 2020-7-3

    来宮神社「令和樹神會」の天狗慰問始まる 桃山小学校で「御鳳輦」伝統伝える

    来宮神社の例大祭(14~16日)で本年度御鳳輦(ほうれん)奉仕を行う厄年奉賛会「令和樹神會…
  4. 2020-7-3

    熱海市和田浜南町に新ホテル建設 地上9階建て31室 ニュータカハシ跡地

    熱海市和田浜南町に新ホテルが建設されることが分かった。場所は国道135号沿いのホテル「ニュータカハ…
ページ上部へ戻る