【観光】熱海海上花火に2万7千人、ホテル満杯で伊豆山、網代からも続々

basu
夏季熱海海上花火大会の第2弾が29日夜、熱海湾であった。防波堤の3カ所から打ち上げられた5000発の大輪の花が2万7000人の市民や観光客を魅了した。熱海人気で総収容能力がおよそ8000人強の熱海温泉のホテル・旅館はどこも満杯。伊豆山温泉や網代温泉に宿をとり、チャーターバスで花火観賞に訪れる人が急激に増えている。渚小公園の臨時バス駐車場も両温泉のホテル旅館のシャトル便で大混雑。観光客からは「もっと花火の回数を増やしてほしい、できれば土曜日に」の声が多く聞かれた。花火の波及効果は抜群-。
次回は8月5日に打ち上げられる。
1とっぷ34567

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018-11-17

    福祉への理解や絆呼び掛け、26団体が一堂に/熱海・福祉まつり

    熱海市内の福祉団体や施設、協力団体が一堂に会して絆を深める「福祉まつり」(実行委員会主催)が…
  2. 2018-11-16

    ライトアップ完了、夜空に紅葉しっとりと浮かぶ/熱海梅園もみじまつり

    「熱海梅園もみじまつり」開幕前日の11月16日夜、熱海梅園でライトアップが一足先に始まり、紅葉し始め…
  3. 2018-11-16

    11月17日に「熱海自然郷コンサート」 別荘住人と日本酒で交流!

    熱海市の別荘地「熱海自然の郷」の集会所で11月17日(土)、別荘所有者や住人らが第1回「熱海自然の郷…
  4. 2018-11-16

    東京の奥座敷「お宝発見!熱海の学校で見つけた歴史資料」展始まる

    熱海市内の小中学校に保管されている歴史資料を集めた特別企画展「お宝発見!熱海の学校で見つけた歴史資料…
ページ上部へ戻る