【社会】長浜海水浴場で溺死、紅葉ガ丘の62歳男性

7月31日午前10時15分ごろ、熱海市上多賀の長浜海水浴場で、泳いでいた熱海市紅葉ガ丘の自営業、椿賢一さん(62)が意識不明の状態になっているのを近くにいた海水浴客が見つけ、浜辺に引き上げた。海水浴場の監視員が救命活動を行い、病院に搬送されたが、およそ4時間後に死亡が確認された。椿さんは妻と2人の孫と合わせて4人で海水浴に来ていて、砂浜からおよそ20メートル離れた浮き島を目指して泳いでいる途中で、姿が見えなくなったという。
写真=7月31日午前10時30分ごろ、長浜海水浴場

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-10

    網代温泉海水浴場 お盆休みの「密」避け、夏楽しむ 隠れた人気スポット

    熱海市にある3つの海水浴場の一つ、網代温泉水浴場でも8月9日、混雑のピークを迎えた。網代温泉が隆盛…
  2. 2020-8-10

    長浜ビーチに若者らが続々、ピーク突入 8月12日にお盆恒例の花火大会

    お盆休みを迎え、熱海市上多賀の長浜海水浴場でも8月9日、首都圏などの若者を中心に混雑が始まった。今…
  3. 2020-8-10

    熱海サンビーチ、今年一番の混雑 入場制限に備え「五輪対策専門家」配備

    熱海サンビーチで8月9日、今年一番の人出を記録した。今夏はコロナの感染予防のため、熱海市は…
  4. 2020-8-10

    熱海市上宿町で住宅兼会社の火災 1時間後に鎮火、けが人はなし

    12月9日午前3時25分ごろ、熱海市上宿町の三ツ星工業で住宅兼会社の一部を焼く火災があり、約1時間…
ページ上部へ戻る