【開会式】あす4日初島・熱海間「12キロ」団体競泳、30チームが挑戦

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
第69回「初島・熱海間団体競泳大会(初島―熱海サンビーチ=約12キロ)」前日の3日、出場30チームの選手や関係者らが出席して開会式が熱海市役所で開かれた。NPO法人熱海市体育協会の杉山誠一理事長のあいさつに続いて、前年優勝の八王子水泳愛好会が斉藤栄市長に優勝旗を返還。連覇を目指す同愛好会の東翔選手が「日ごろの成果を十分に発揮し、全チームがぶじ初島ー熱海間を完泳することを願い、ベストを尽くします」と選手宣誓し、健闘を誓い合った。。
大会は初島港を4日正午にスタート。各チームの泳者3人は10メートル以内にまとまって泳ぎ、4時間の制限時間内でのゴールを目指す。各チームは午後2時過ぎから熱海サンビーチに続々ゴールし、表彰式は午後4時15分から、渚親水公園ムーンテラスで行う。
◆熱海のチーム 昨年10位(2時間55分50秒)に入った熱海中学校水泳部チームが今年も参戦。指揮者=河合秀幸、泳者=北原壮馬(3年)、矢嶋大輝(同)、中野景登(2年)、審判員=古橋卓也。中学生チームは熱海中だけで最年少チーム。ゼッケン10。
◆杉山誠一実行委員長の話 本大会は69回目を迎える歴史と伝統のある大会。風、波、潮の流れ、様々な厳しい自然条件の中で12キロを泳ぐ過酷なレースですが、全員が完泳されるよう期待している。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

出場30チーム


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

歴代の優勝チーム


いとう
昨年大会
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-18

    「まん延」で首都圏の日帰り客激減 宿泊客がゆったり花火見物

    今年度最初の熱海海上花火大会が4月17日、熱海湾で開催された。前線の影響で小雨が降り続く中…
  2. 2021-4-17

    「初島ところ天祭り」2年連続で中止 首都圏のコロナ感染再拡大で

    熱海市の初島区事業共同組合は、第46回「初島ところ天祭り」の中止を決めた。同組合は例年5月…
  3. 2021-4-16

    色鮮やかなツツジ、今年も晩春パノラマ MOA美術館「水晶殿」

    熱海市のMOA美術館のエスカレーター入口近くの展望台「水晶殿」でツツジが見ごろを迎えた。台…
  4. 2021-4-16

    ツツジ、姫の沢公園の山肌赤く染める 例年より2週間早く見ごろに

    熱海市の姫の沢公園で約6万株の赤やピンクのツツジが見ごろを迎えた。例年より2週間ほど早い。…
ページ上部へ戻る