【市政】ムーンテラスの”とびら”、電動化で常時開門へ 藤曲県議が県、市と合同調査 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
熱海市選出の藤曲敬宏県議は10日、市民から要望が出ている市内の河川、護岸、道路など約20カ所を熱海土木事務所、市、市議、地元町内会長、観光団体首脳などと一緒に回り、実現へ向けて改善個所をチェックした。
熱海サンビーチでは、熱海市観光協会から①夏の海水浴期間と熱海海上花火大会を除いて常時閉門されているムーンテラス入り口の「渚第一陸こう」の常時開門②第4工区の早期整備③第3工区と第4工区を直接つなぐ橋の設置――の要望が出された。
電動化して遠隔操作を検討へ
これに対し、熱海土木事務所の植松静夫所長は「陸こうは手動だと津波が来た場合、時間的に締め切らないため、常時閉めているが、バリアフリーの問題もあり、ゆくゆくは電動化して遠隔操作する方法を考える必要がある。第4工区の整備には10数億円かかり、公共事業費が半分くらいに減っている現状では、港湾を使ったにぎわいづくりにはなかなか予算がつかない。県としては従来の環境整備目的ではなく、内陸の人、遊びに来た人を守るための港湾対策ととらえ、防災安全交付金に振り替えて国へ要望している。第3工区の第4工区をつなぐ橋については、各河川に水門を作る要望があり、ここにも右岸と左岸をつなぐ橋ができるので、その際、何らかの形で代用できる構造を考えたい」と話した。
◆陸こう 通路上に設けられ、堤防の役目を果たす開門可能な門扉。漁港や海岸への出入り口や加工沿いの道路などに設置される。
◆視察者 熱海土木事務所=植松静夫所長、木村尚之次長兼企画検査課長、望月博文企画班長、戸張聖久工事課主査▽熱海市=稲田達樹観光建設部部長、西島光章同次長、宿崎康彦都市整備課長▽市議=稲村千尋、高橋幸雄、梅原一美、米山秀夫、川口健、竹部隆、越村修、泉明寺みずほ▽熱海市観光協会=中島幹雄会長、駒嶺洋副会長、市川幹夫専務理事▽各地区の町内会長
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
熱海土木事務所の植松静夫所長(左)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
藤曲敬宏県議
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
津波の高さを7mと想定するなかで、堤防の高さは約6m60cm。階段を2段増やし、かさ上げする案も。
陸こう
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-25

    南あたみ第一病院「夏樹・平木文庫」開設 熱海ゆかりの作家・夏樹静子さん作品

    創立45周年を迎える南あたみ第一病院(熱海市下多賀)は11月28日、記念事業として「ミステリーの女…
  2. 2020-11-23

    紅葉色づく庭園 秋の一般公開始まる 熱海・植物研究園、29日まで

    紅葉の見頃を迎えた熱海市の市村清新技術財団・植物研究園で11月23日、「秋の一般公開」が始…
  3. 2020-11-22

    地平線に沈む夕陽に歓声、「トワイライト運行」 熱海・十国峠ケーブルカー

    秋の3連休に合わせ、熱海市と函南町に位置する十国峠ケーブルカー(伊豆箱根鉄道)で11月21…
  4. 2020-11-22

    「我慢の3連休」 紅葉色づく熱海梅園、第3波よそに観光客続々

    深まる秋、日本一遅い紅葉の名所・熱海梅園でも紅葉の色づきが進んでいる。新型コロナウイルスの…
ページ上部へ戻る