【観光】台風7号の影響で100基に規模縮小、多賀海岸・百八体かがり火

IMG_8199ss
お盆に迎えた先祖の霊を送る伝統行事「百八体かがり火」(多賀観光協会主催)が16日午後8時から、熱海市の多賀海岸で営まれた。今年は大型で強い台風7号の接近を受け、急きょ、規模を縮小して開催。例年は長浜ビーチから小山臨海公園がある中野までの約3000メートルに270基のかがり火が一斉にたかれるが、長浜ビーチと下多賀の一部に縮小し、100基に点火した。
中止が決まった国道135号の歩道では地域住民らが撤収作業が続け、夏の夜空を焦がす壮大な270基の炎を楽しみに訪れた観光客や市民は、残念そうに郷愁を誘う幻想的な光景を楽しんだ。
◆百八体かがり火 南熱海多賀地区は古くからみかんやだいだいの産地として知られ、夏になるとみかん畑の害虫駆除のため、海岸で大規模なたき火を実施。誘い出した害虫をまとめて除去したという。そんな農業行事も昭和に入り姿を消したが、昭和30年代にお盆の送り火「百八体かがり火」という大掛かりな行事として復活。年々評判を呼び、多賀地区最大の観光イベントに成長した。当初は文字通り108基で始めたが、今では270基まで増えた。京都の「大文字」のような大規模な送り火はあるが、「一文字」では多賀の送り火は日本最大級。
kagaribi
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
IMG_8146ss (1)
IMG_8152ss
IMG_8166ss
IMG_8143ss (1)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-9

    【お悔やみ】佐野雄二さん(熱海市上宿町)8月7日死去

    佐野雄二さん(さの・ゆうじ)8月7日死去、70歳。熱海市上宿町。通夜10日午後6時。告別式11日午…
  2. 2020-8-7

    「熱海市の発展に使って」市にゆかりのある夫妻が匿名で3000万円寄付

    熱海市は8月7日、「熱海市の発展のために使ってほしい」と、熱海市にゆかりのある夫妻から現金3000…
  3. 2020-8-7

    【お悔やみ】石塚周三さん(熱海市和泉)8月4日死去

    石塚周三さん(いしづか・しゅうぞう)8月4日死去、79歳。熱海市泉。通夜8日午後6時。葬儀9日午後…
  4. 2020-8-6

    熱海サンビー混雑状況 初めて「普通」表示 800人以下の「空き」脱出

    熱海海上花火大会が開催された8月5日、熱海サンビーチには首都圏などから多くの海水浴客が訪れた。新型…
ページ上部へ戻る