【社寺】伊豆山送り火供養の「ろうそく祭」 小田原攻めの僧兵を供養

市長杉山藤曲
熱海市伊豆山の般若院で31日夜、豊臣秀吉に滅ぼされた、伊豆山の僧兵の供養をかねた「伊豆山送り火供養ろうそく祭」があった。斉藤栄市長や岡本慈興副住職らがたいまつに点灯し、僧兵の勇敢さをたたえ、供養した。当地には豊臣秀吉の小田原攻め(1590年)の際、北条側に加わったため、焼き打ちされた悲しい歴史があり、戦前までは地元住人が毎年8月31日に送り火供養をし、その際に命を落とした3000人の僧兵や住民と関東大震災の犠牲者を供養してきたという。
「伊豆山をおもしろくする実行委員会」(岡本吉浩実行委員長)が11年前に復活させ、本堂と大師堂を結ぶ道や階段沿いに、以前の送り火に代えて3000本のフローティングキャンドルを並べ、今年は熊本地震の犠牲者も合わせて供養した。
伊豆山の各町内会も沿道にろうそくを並べ、地区全体が幻想的な光に包まれた。

◆般若院(はんにゃいん) 真言宗の古刹で伊豆山神社(伊豆山権現)の別当坊だった寺院。源頼朝はこの寺で平家討伐の願をかけ、一時住んでいた。山号は「走湯山」。豊臣秀吉の小田原攻めで焼亡したが、その後、徳川家康によって般若院の院号が与えられ、再建。明治の神仏分離によって伊豆山神社内から現在地に移転。大師堂には、弘法大師(空海)が自ら刻んだと伝えられる「大師像」(国重文)が安置されている。
JR熱海駅より東海バス七尾原循環で約6分、「般若院前」バス停下車。
行列
読経2
岡本慈興副住職
高橋
点火全景
客
ろうそく1
ろうそく2
ろうそく3
ろうそく4
ろうそく5
供養2
国宝弘法大師

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-6

    4カ月遅れて熱海海上花火大会 ライブ配信が奏功 生観覧は例年の約4割

    新型コロナウイルスの影響で4月から中止が続いた熱海海上花火大会が8月5日夜、熱海湾であり、…
  2. 2020-8-6

    【お悔やみ】渡邉誠さん(熱海市桜木町)8月4日死去

    渡邉誠さん(わたなべ・まこと)8月4日死去、88歳。熱海市桜木町。通夜7日午後6時。葬儀8日午前9…
  3. 2020-8-5

    熱海市でさらに2人コロナ感染 1人は県外通勤者 クラスターとは無関係

    静岡県は8月5日、熱海市内で新たに2人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。ともにクラスターが…
  4. 2020-8-5

    熱海市、接客業従業員のPCR検査8割助成 店名公表は協力金10万円支給

    新型コロナウイルスの感染拡大が収まらない中、熱海市は8月5日、飲食店や宿泊施設、タクシーなど接客に…
ページ上部へ戻る