【社寺】伊豆山送り火供養の「ろうそく祭」 小田原攻めの僧兵を供養

市長杉山藤曲
熱海市伊豆山の般若院で31日夜、豊臣秀吉に滅ぼされた、伊豆山の僧兵の供養をかねた「伊豆山送り火供養ろうそく祭」があった。斉藤栄市長や岡本慈興副住職らがたいまつに点灯し、僧兵の勇敢さをたたえ、供養した。当地には豊臣秀吉の小田原攻め(1590年)の際、北条側に加わったため、焼き打ちされた悲しい歴史があり、戦前までは地元住人が毎年8月31日に送り火供養をし、その際に命を落とした3000人の僧兵や住民と関東大震災の犠牲者を供養してきたという。
「伊豆山をおもしろくする実行委員会」(岡本吉浩実行委員長)が11年前に復活させ、本堂と大師堂を結ぶ道や階段沿いに、以前の送り火に代えて3000本のフローティングキャンドルを並べ、今年は熊本地震の犠牲者も合わせて供養した。
伊豆山の各町内会も沿道にろうそくを並べ、地区全体が幻想的な光に包まれた。

◆般若院(はんにゃいん) 真言宗の古刹で伊豆山神社(伊豆山権現)の別当坊だった寺院。源頼朝はこの寺で平家討伐の願をかけ、一時住んでいた。山号は「走湯山」。豊臣秀吉の小田原攻めで焼亡したが、その後、徳川家康によって般若院の院号が与えられ、再建。明治の神仏分離によって伊豆山神社内から現在地に移転。大師堂には、弘法大師(空海)が自ら刻んだと伝えられる「大師像」(国重文)が安置されている。
JR熱海駅より東海バス七尾原循環で約6分、「般若院前」バス停下車。
行列
読経2
岡本慈興副住職
高橋
点火全景
客
ろうそく1
ろうそく2
ろうそく3
ろうそく4
ろうそく5
供養2
国宝弘法大師

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-28

    熱海湾に水中から花火がにょっきり コロナ経済対策の小規模花火大会スタート

    熱海湾で11月27日夜、観光庁の魅力的な誘客コンテンツの補助事業採択を受けた小規模な花火大…
  2. 2020-11-27

    齋藤市長と竹部議長 温泉所在都市を代表して財政支援の要望書提出

    新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、温泉観光地の経済活動に深刻な影響が出ていることを受け、熱…
  3. 2020-11-27

    MOA美術館で「熱海座 第九コンサート」 大晦日に市民100人を無料紹介

    熱海市のMOA美術館は、12月31日に「熱海座 第九コンサート2020」を同美術館能楽堂で開く。ベ…
  4. 2020-11-26

    コロナ対策の「緩み」を警戒 熱海飲食3団体、カラオケ感染防止を強化

    11月に入り、全国でカラオケや接待を伴う飲食店で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が多発…
ページ上部へ戻る