【市政】相模トラフ震源の大地震に備え、熱海市が総合防災訓練 

多賀中1
防災週間に合わせて熱海市は4日、相模トラフを震源とした大地震を想定して市内各所で総合防災訓練を行った。午前9時に大規模地震が発生し、市内各所で山崩れ、家屋の倒壊、道路の陥没、一部地域で火災が発生し、多数の負傷者が出た。また電気、ガス、水道及び通信施設にも大きな被害が発生しており、交通機関はマヒ状態――という想定で一斉に行い、熱海署、市消防、陸上自衛隊、下田海上保安部、熱海市医師会など37団体の協力を得て、地元住人や自主防災関係者などおよそ3000人が参加した。

東部3
東部1
東部2
東部コミニュティーセンターでは、指定避難所への避難、避難者名簿を作成

桃2
桃3
桃山4
桃山小学校では、特設電話による情報収集や伝達、各地域から収集した被害状況を災害対策本部に報告

熱海中1
熱海中2
熱海中学校では、ボーイスカウト熱海第11団がペグ(杭)がなくとも、風に飛ばされないテントを設営

自衛隊
市長
議長
県議
メーン会場となった多賀中学校では、4自主防災会を中心に約200人が集まり、3つのグループに分かれ、応急手当、ライフラインの復旧、イメージトレーニングに取り組んだ。閉会式では、斉藤栄市長、杉山利勝市議会議長、藤曲敬宏県議らが講評を述べた。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-26

    新型コロナ 静岡県内の検査、24日までに75件 全員が「陰性」

    川勝平太静岡知事は2月25日、国内外で感染者が増えている新型コロナウイルスによる新型肺炎について、…
  2. 2020-2-26

    28日の逍遥忌記念祭の式典中止 “新型コロナ”に配慮 海蔵寺墓参は実施

    熱海市は2月26日、28日に起雲閣で予定していた「逍遥忌記念祭」の式典を中止すると発表した。新型コ…
  3. 2020-2-26

    渚親水公園の大寒桜が満開 熱海市街、梅から桜に主役が再交代

    季節の変わり目に差し掛かり、三寒四温の影響で熱海市街の大寒桜(おおかんざくら)が一斉に満開…
  4. 2020-2-26

    2月定例会で市長が施政方針 熱海フォーラム規模縮小 図書館抜きで整備

    熱海市議会2月定例会が2月25日、開会した。齋藤栄市長は施政方針演説で、新年度を「熱海2030年ビ…
ページ上部へ戻る