【県政】「魚市場の復活経験を生かし、青果市場の再興を」 知事が市民にエール

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
知事公聴「平太さんと語ろう」が5日、起雲閣で開かれた。川勝平太知事が県内各地に出向き、県政に活かすため、地域の実情や様々な課題について地域で活躍する人に直接意見交換するもので、熱海市から熱海鮮魚組合の宇田勝理事長、「あたみ子育てコミュニティ・ウォーミー」の安藤真知子代表、株式会社「まちもり」の市来広一郎社長。伊東市からは「青いかば旅行社」の長谷川浩平代表、伊東観光協会女性部会の堀江冨士子部会長、伊東市ボランティア協会の山下静代さんが出席、意見を交換した。
宇田さんは「魚市場で魚祭りを再開させ、2カ月に1回継続開催し、地魚が味わえるマップも作製した。これらの活動の成果で地魚の価値が高まった」と話し、知事は「魚市場の活動をベースに、青果市場も再興させる試み発展させてほしい」とエールを送った。
安藤さんは「子育てサポートの拡大」、市来氏は「建築確認などの規制緩和で特区構想のモデルづくり」を求めた。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-11-13

    熱海梅園で「梅」開花、全国で最も早く 一番咲きは白の冬至梅

    熱海市は11月12日、日本一早咲きの梅の名所で知られる熱海梅園で「梅が今シーズン最初の花を…
  2. 2019-11-13

    【お悔やみ】根本三千代さん(熱海市網代)11月10日死去

    根本三千代さん(ねもと・みちよ)11月10日死去、84歳。熱海市網代。通夜14日午後6時。葬儀15…
  3. 2019-11-12

    錦秋の秋、11月16日から「熱海梅園もみじまつり」〜12月8日まで

    「日本一遅い紅葉」で知られる熱海梅園で「もみじまつり」が11月16日に開幕する。園内には380本の…
  4. 2019-11-12

    季節限定、山田屋「熱海おでん」注文殺到 令和バージョンはうどん付きも

    お魚のすり身の店「山田屋」(熱海市咲見町)が、毎年季節限定で販売する「熱海(あつうみ)おで…
ページ上部へ戻る