【県議会】川勝平太知事、県内2大学に観光学科検討 観光基礎講座を開設へ

県議会9月定例会が20日に開会し、一般会計で43億円余りの9月補正予算案など、26議案が上程された。川勝平太知事は所信表明で、県立大(静岡市)と静岡文化芸術大(浜松市)が観光に関する学科の設置を検討していることを明らかにし、観光産業をリードする人材育成を進めたい考えを示した。9月補正予算案に、県立大に社会人向け観光基礎講座を開設する経費を盛り込み、訪日外国人観光客の増加や体験型旅行に対する需要の拡大、地域の観光戦略を立案する組織「DMO」の進展を図る。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-2-25

    市長も愕然 昨年の熱海市の宿泊客数、40%減の185万人 過去最低を記録

    熱海市は2月25日、昨年(2020年)の年間宿泊客数が185万6884人だったと発表した。前年比で…
  2. 2021-2-25

    3月7日の熱海海上花火大会、3月30日に延期 21日、27日は開催の方針

    熱海市ホテル旅館協同組合連合会は2月25日、3月に予定していた計3回の熱海海上花火大会のうち、3月…
  3. 2021-2-25

    熱海の宿泊客数110万人減か コロナの影響で過去最低の200万人割れ必至

    新型コロナウイルスの影響で熱海市の去年(2020年)1年間の宿泊客数が前年(311万9千人)より…
  4. 2021-2-25

    橋田壽賀子さんの名誉熱海市民 市議会、全会一致で同意  24年ぶり3人目

    熱海市議会2月定例会が2月24日開会し、脚本家で文化勲章受章者の橋田壽賀子さん(95)を名誉市民と…
ページ上部へ戻る