【スポーツ】熱海サンビーチでビーチアルティメット 東京基督教大学が優勝

%e5%86%86%e9%99%a3
フライングディスクを使ったトレンディ競技「2016熱海ビーチアルティメット」が10月1日と2日の両日、熱海サンビーチで開催された。1DAYトーナメントとして行い、県内外の大学生や高校生、社会人など62チーム(1日30、2日32)約1000人が男女混合5人制チーム(女性2名以上)を作り、対戦した。通常のアルティメット(7人制)より少し小さい50m×20mのフィールドでプレーを行い、砂浜を舞台にダイビングキャッチなど思い切ったプレーを楽しんだ。
ラクロスとともに大学生の人気のアルティメットはフライングディスクを使い、アメフトやバスケなどの要素を合わせた競技。敵陣でディスクをキャッチすると得点となる。日本では2000年にスタートし、熱海サンビーチでは12年前から始まった。当初は2日間で180人だった参加者が人気が高まり、1000人まで増えた。今大会も東京六大学全校をはじめ、静岡大学、県立大、常葉大学、名古屋大学など京都、福岡からも参戦。初日は慶応・日大の合同チーム、最終日は東京基督教大学合同チームがそれぞれ優勝した。熱海サンビーチの通年利用を目指す熱海市が後援し、エフエム熱海湯河原が協力している。ほとんどの選手、家族が温泉を楽しみに熱海に前泊。経済波及効果も大きい。
◆ビーチアルティメット 砂の上でアルティメットを行う5人制のチームスポーツ。フライングディスクを落とさずにパスをして運び、コート両端のエンドゾーン内でディスクをキャッチすると得点となる。
主催:静岡県フライングディスク協会
主管:熱海ビーチアルティメット実行委員会
1
3
4

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-26

    逍遥忌記念祭の式典中止 “新型コロナ”に配慮 海蔵寺の墓参は実施

    熱海市は2月26日、28日に起雲閣で予定していた「逍遥忌記念祭」の式典を中止すると発表した。新型コ…
  2. 2020-2-26

    渚親水公園の大寒桜が満開 熱海市街、梅から桜に主役が再交代

    季節の変わり目に差し掛かり、三寒四温の影響で熱海市街の大寒桜(おおかんざくら)が一斉に満開…
  3. 2020-2-26

    2月定例会で市長が施政方針 熱海フォーラム規模縮小 図書館抜きで整備

    熱海市議会2月定例会が2月25日、開会した。齋藤栄市長は施政方針演説で、新年度を「熱海2030年ビ…
  4. 2020-2-25

    熱海温泉のホテル旅館が「感謝デー」クイズ大会に多勢の観梅客

    梅まつり開催中の熱海梅園で2月24日、熱海温泉ホテル旅館協同組合(島田善一理事長)が「感謝デー」を…
ページ上部へ戻る