【市政】職員150万円横領事件、市が調査委員会設置 再発防止に本腰

社会福祉課の男性職員(34)が生活保護費計約150万円を着服し、熱海市が10月28日付けで懲戒免職にした件で、市が11月2日付けで調査委員会を立ち上げ、再発防止に本腰を入れていることがわかった。15日の議案記者会見で森本要副市長が「生活保護費以外にも公金を扱う部署もあり、調査委員会では今回の原因を解明するともに、全庁的に公金の扱い方を調査し、再発の防止に取り組んでいる。告訴については警察に相談しており、警察の捜査に協力しながら、市としても今年度中に全庁的な再発防止策をまとめたい」と話した。委員長は副市長が務め、部長級と会計管理者の9人で構成する。
調査委員会による男性職員への事情聴取はすでに終えており、着服が判明している約150万円分については、銀行振り込みで弁済を済ませているという。今後の捜査で30万円程度増える可能性もある。
また、斉藤栄市長は監督者責任として、森本要副市長とともに減給10分の1(1月1日から3カ月)を市議会11月定例会に提案した。
◆斉藤栄市長 法を順守することを基本としなければならない公務員にとってあるまじき行為。このような不祥事で市民の皆様の信頼を失ってしまい、深くお詫びしたい。調査委員会で原因を解明し、速やかに再発防止を講じる。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-3

    令和樹神會、熱海中学校を訪問「モォー」塩見校長も豪快に「麦こがし」 

    来宮神社の例大祭で本年度御鳳輦(ごほうれん)奉仕を行う厄年奉賛会「令和樹神會」(れいわこだまかい)…
  2. 2020-7-3

    来宮神社「令和樹神會」の天狗慰問始まる 桃山小学校で「御鳳輦」伝統伝える

    来宮神社の例大祭(14~16日)で本年度御鳳輦(ほうれん)奉仕を行う厄年奉賛会「令和樹神會…
  3. 2020-7-3

    熱海市和田浜南町に新ホテル建設 地上9階建て31室 ニュータカハシ跡地

    熱海市和田浜南町に新ホテルが建設されることが分かった。場所は国道135号沿いのホテル「ニュータカハ…
  4. 2020-7-2

    熱海南ロータリークラブ、新会長に岸秀明さん 創立60周年事業を推進

    熱海南ロータリークラブは7月2日、熱海後楽園ホテルで今年度の初例会を開き、新会長に就任した岸秀明氏…
ページ上部へ戻る