【市政】職員150万円横領事件、市が調査委員会設置 再発防止に本腰

社会福祉課の男性職員(34)が生活保護費計約150万円を着服し、熱海市が10月28日付けで懲戒免職にした件で、市が11月2日付けで調査委員会を立ち上げ、再発防止に本腰を入れていることがわかった。15日の議案記者会見で森本要副市長が「生活保護費以外にも公金を扱う部署もあり、調査委員会では今回の原因を解明するともに、全庁的に公金の扱い方を調査し、再発の防止に取り組んでいる。告訴については警察に相談しており、警察の捜査に協力しながら、市としても今年度中に全庁的な再発防止策をまとめたい」と話した。委員長は副市長が務め、部長級と会計管理者の9人で構成する。
調査委員会による男性職員への事情聴取はすでに終えており、着服が判明している約150万円分については、銀行振り込みで弁済を済ませているという。今後の捜査で30万円程度増える可能性もある。
また、斉藤栄市長は監督者責任として、森本要副市長とともに減給10分の1(1月1日から3カ月)を市議会11月定例会に提案した。
◆斉藤栄市長 法を順守することを基本としなければならない公務員にとってあるまじき行為。このような不祥事で市民の皆様の信頼を失ってしまい、深くお詫びしたい。調査委員会で原因を解明し、速やかに再発防止を講じる。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-9-19

    今夜、「ブラタモリ熱海編」アンコール放送 NHK総合で午後7時半から

    NHK総合で今夜(9月19日)午後7時30分から「ブラタモリ熱海編」(初回放送2016年1月16日…
  2. 2020-9-19

    熱海市の「A-biz」事業、新法人で業務継続 イドムとの契約は解除

    熱海市は、熱海市チャレンジ応援センター「A-biz(エービズ)」の運営を委託してきた「イドム」(静…
  3. 2020-9-19

    65歳以上の「お達者度」 県内の男性伸び率トップは熱海市 静岡県が公表  

    静岡県は65歳を過ぎて要介護度2以上にならず、健康に過ごせる期間を算出した2017年の「お達者度」…
  4. 2020-9-19

    秋の訪れ 真っ赤なヒガンバナ、今年も彼岸の入りに見頃 熱海梅園

    9月19日は秋の彼岸入り。「暑さ寒さも彼岸まで」といわれ、夏の暑さが和らぐころとされる。熱…
ページ上部へ戻る