【編集室】よっしゃ、熱海湾に”十六夜スーパームーン”  次回は18年後…

img_3525ss-1
地球と月の距離が昭和23(1948)年以来68年ぶりに最接近し、満月が普段の最大で14%大きく、明るさも30%増す「スーパームーン」。本紙天体取材班は11月14日夜、息急き切って熱海市の渚親水公園に出動したが、雨や曇りで空振りに終わり、撮ることができなかった。なら「十六夜スーパームーン」を激写しようと、15日もムーンテラスに陣取り、ふだんより特に大きく明るい月を写真に収めた。
月と地球の距離は平均でおよそ38万4400キロだが、国立天文台によると、15日の月と地球の距離は約35万7400キロ。14日夜より900キロ程度遠のいたものの、この距離の差で直径が小さくなる度合いはわずか0.3%で、15日夜の月も14日夜の月もほとんど変わらない大きさと明るさという。
次の超スーパームーンは、18年後の平成46年(2034)。てことは?!歳。この月の写真は要保存版。
(熱海ネット新聞)

img_3537ss
img_3550ss
img_3552ss-1
img_3558ss
img_3612ss

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-10-24

    森村誠一さん提唱の「熱海写真俳句撮詠物語」展 起雲閣で開催中

    写真俳句提唱者の森村誠一さんが名誉顧問を務める写真俳句団体「熱海写真俳句撮詠物語」(矢崎英夫代表)…
  2. 2020-10-24

    世界ポリオデー 熱海南ロータリークラブ、熱海駅で撲滅呼びかけ

    ポリオ(小児まひ)の根絶を目指す世界ポリオデーの10月24日、熱海南ロータリークラブ(岸秀…
  3. 2020-10-23

    熱海の奥座敷・小嵐町に温泉宿「SOKI ATAMI(そき あたみ)」開業

    小田急グループのUDS(東京都渋谷区)は10月22日、熱海市の奥座敷・小嵐町に11月1日開…
  4. 2020-10-22

    全国でも珍しい泊まれる国の登録文化財 旧井上馨公爵熱海邸 初の一般公開 

    熱海市教育委員会は10月22日、文化財所有者の協力で熱海市泉にある国登録有形文化財「旧井上侯爵家熱…
ページ上部へ戻る