【編集室】よっしゃ、熱海湾に”十六夜スーパームーン”  次回は18年後…

img_3525ss-1
地球と月の距離が昭和23(1948)年以来68年ぶりに最接近し、満月が普段の最大で14%大きく、明るさも30%増す「スーパームーン」。本紙天体取材班は11月14日夜、息急き切って熱海市の渚親水公園に出動したが、雨や曇りで空振りに終わり、撮ることができなかった。なら「十六夜スーパームーン」を激写しようと、15日もムーンテラスに陣取り、ふだんより特に大きく明るい月を写真に収めた。
月と地球の距離は平均でおよそ38万4400キロだが、国立天文台によると、15日の月と地球の距離は約35万7400キロ。14日夜より900キロ程度遠のいたものの、この距離の差で直径が小さくなる度合いはわずか0.3%で、15日夜の月も14日夜の月もほとんど変わらない大きさと明るさという。
次の超スーパームーンは、18年後の平成46年(2034)。てことは?!歳。この月の写真は要保存版。
(熱海ネット新聞)

img_3537ss
img_3550ss
img_3552ss-1
img_3558ss
img_3612ss

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-22

    ダイヤモンド・プリンセスの乗客に熱海市の夫妻も 下船許可に安堵

    横浜港・大黒ふ頭に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で2月21日、新型コロナウイルスの…
  2. 2020-2-21

    静岡県立高校の入学願書締め切り 熱海は0.94倍 で定員割れ

    静岡県内の公立高校の入学願書の受け付けが締め切られ、県教育委員会は2月20日、志願倍率を発表した。…
  3. 2020-2-21

    新型肺炎感染に配慮 藤曲敬宏県議「県議会傍聴バスツアー」取りやめ

    新型コロナウイルスによる肺炎拡大で、熱海市選出の藤曲敬宏県議の後援会「藤曲たかひろ事務所」は、3月…
  4. 2020-2-20

    「大漁桜」が満開 漁師まちがサクラダイ色 網代・阿治古神社

    熱海市網代の阿治古神社で大漁桜(タイリョウザクラ)が満開を迎えた。多賀中で校長を務めた故角田春彦さ…
ページ上部へ戻る