【文化】荒多恵子写真展「杜の精」 来宮神社の歳時記

来宮神社の四季や歳時記を撮り続けている熱海市在住の写真家・荒多恵子さん(52)の写真展「杜(もり)の精」が11月18日、同神社の大楠ガーデンで始まった。東京、名古屋で開いた写真展の里帰り展。荒さんは都内から熱海に移住した5年前から来宮神社の様々な写真を撮影。今回は約1万点の中から厳選した18点をモノクロ作品で並べている。23日まで。
時間は10時~16時、雨天の場合は中止。
写真=熱海市広報

ara2

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-9-23

    秋の夜空に5千発 4連休最終日、熱海秋季海上花火大会 ホテルは満室

    秋の4連休最終日の9月23日、熱海湾で秋季熱海海上花火大会が開幕した。台風12号の影響で小…
  2. 2020-9-23

    イベント緩和 南熱海ロングビーチガールズ、長浜特設市でフラダンス披露 

    熱海市上多賀の長浜海浜公園・うみみえ~る長浜で9月22日、地元のフラグループ「南熱海ロング…
  3. 2020-9-22

    熱海市の最高齢者は女性105歳、男性103歳 今年度100歳は18人

    熱海市は、9月21日の敬老の日に合わせて市内の100歳以上の高齢者の状況(9月21日現在)を発表し…
  4. 2020-9-22

    秋分の日、熱海梅園でヒガンバナ見頃 秋の一日をスマホで切り取り

    秋分の日の9月22日、熱海梅園でヒガンバナ(彼岸花、別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)が見頃…
ページ上部へ戻る