【編集室】あたみ桜が狂い咲き! 熱海梅園でモミジ、梅と前代未聞の共演

熱海梅園で11月23日、1月初旬に咲き始めるあたみ桜が開花した。今年はあたみ桜より先に咲くヒマラヤザクラの開花が遅れ、気をもんでいたが、思わぬ番狂わせに。開花したのは園内の足湯近くの木で数輪咲いたばかりか、つぼみも多く、まだまだ咲きそうな勢い。梅園前市道のあたみ桜もつぼみを膨らませている。熱海梅園の関係者も「台風で葉が落ち、暖かい日が続いてで咲いたのだろうが、理由はよくわからない」という。
昨年、熱海梅園であたみ桜の開花が確認されたのは12月15日。例年より2週間以上早く咲き話題になったが、今年はさらに3週間以上早い。ともあれ、あたみ桜の狂い咲きでモミジ、梅と前代未聞の共演が楽しめる。
◆あたみ桜 熱海の「市の木」で日本で最も早く咲く桜。沖縄のカンヒザクラとヤマザクラの自然雑種。開花期間は1カ月以上。明治4年頃、イタリア人によって熱海にもたらされた。見頃は1月下旬〜2月上旬。河津桜の開花は2月上旬。

img_4067ss-1 img_4065ss atamisakura

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-11-23

    【社寺】伊豆山神社宮司に原嘉孝氏(県神社庁副庁長) 新嘗祭で祝詞奏上

    伊豆山神社で11月23日、新穀感謝祭・新嘗祭(にいなめさい)が斎行された。伊豆山地…
  2. 2017-11-23

    【社寺】来宮神社で御鳳輦奉仕者の引き継ぎ式 伝統の重みズシリ

    来宮神社の本殿前で11月23日、新嘗(にいなめ)祭神事に続いて、御鳳輦(ごほうれん)奉仕…
  3. 2017-11-23

    【社会】祝日前夜の熱海駅”閑古鳥” 東海道線の人身事故で一時ストップ

    11月22日午後8時31分頃、JR横須賀線の保土ヶ谷駅で人身事故が発生した。この影響で、同線は東京―…
  4. 2017-11-23

    【お悔やみ】山本嘉明さん(下多賀)11月21日死去

    山本嘉明さん(やまもと・よしあき)11月21日死去、77歳。熱海市下多賀。通夜24日午後6時。告別式…
ページ上部へ戻る