【市議会】市長の減給条例案など9案件を上程、11月定例会が開会

熱海市議会11月定例会が28日、開会した。初日本会議には、元職員による生活保護費や公金の横領問題を受け、斉藤栄市長と森本要副市長を言及10分の1(3カ月)とする条例改正案や一般会計補正予算など9案件が上程された。また、一般職員の月給、ボーナス(期末・勤勉手当)と特別職・市議の期末手当を引き上げる条例の一部改正案を先議し、原案通り全会一致で可決した。会期は12月15日までの18日間。一般質問は8、9日に行う。
一般職員の月給は平均で0・17%、ボーナスは0・1カ月分増額する。特別職のボーナスも0・1カ月分増額する。
また市議の期末手当も0・1カ月分上がり、4・30カ月になる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018-7-22

    ミス熱海「梅娘」増田玲未さん、巡視艇「いずなみ」一日船長

    スパマリーナ熱海第3桟橋を会場に7月23日、「マリンフェスタ・アタミ2017」があり、ミス熱海「…
  2. 2018-7-22

    網代が最も熱くなる夜「ベイフェス」で幕 弓張り提灯、宮町から旭町へ

    熱海市網代の阿治古神社例大祭のフィナーレを飾る「網代ベイフェスティバル2018」(…
  3. 2018-7-21

    熱海サンビーチ「ウォーターパーク」営業開始 連日の猛暑、子供たちの歓声響く

    熱海市観光協会は7月21日、大型海上アスレチック「ウォーターパーク」の営業を開始した。今夏の…
  4. 2018-7-21

    アロハフェス開幕、熱海がハワイに!初日は27ハラウ、295人がフラの共演

    「アタミ・アロハフェスティバル2018」が7月21日、熱海市の渚親水公園イベント広場で始まっ…
ページ上部へ戻る