【市政】来年度予算に3億円の重点施策推進枠、5部1委員会に各5千万円

熱海市が来年度予算に「3億円の重点施策推進枠」を設けたことが分かった。12月8日の11月定例会で竹部隆氏が「平成29年度予算編成方針について」質問。杉山勝経営企画部長は「重点施策推進枠に3億円を予算請求し、公営企業を除く、5部1委員会にそれぞれ5000万円ずつ振り分ける」と答え、「日本一の温泉観光地づくりへ向けた施策の推進と各部課長の企画立案に対するリーダーシップの向上が目的」と続けた。竹部氏は「住まうまち熱海とか、日本一の温泉観光地といった抽象的な施策ではなく、熱海発展の礎になった国内初となる温泉療養施設『噏滊舘(きゅうきかん)』を大湯間欠泉前に作る、といった風に具体的に取り組んでほしい」と斉藤栄市長に注文を付けた。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-12-1

    萌える紅葉 熱海の紅葉狩り名所、MOA美術館「茶の庭」

    (さらに…)…
  2. 2021-12-1

    熱海梅園で「紅梅」八重寒紅が開花、上皇陛下への献上梅出そろう

    紅葉のピークを迎えている熱海梅園で11月30日、紅梅の八重寒紅(やえかんこう)が開花した。白梅の冬至…
  3. 2021-12-1

    来年3月の東伊豆町長選 元参院議員岩井茂樹氏氏が立候補表明

    6月の静岡県知事選に出馬して敗れた元参院議員の岩井茂樹氏(53)が11月30日、東伊豆町町内で会見し…
  4. 2021-11-30

    義援金 支援金の総額18億5000万円に 熱海土石流

    今年7月3日に発生した熱海市伊豆山の大規模土石流で、市は11月30日、同日現在で全国から寄せられた義…
ページ上部へ戻る