【市政】来年度予算に3億円の重点施策推進枠、5部1委員会に各5千万円

熱海市が来年度予算に「3億円の重点施策推進枠」を設けたことが分かった。12月8日の11月定例会で竹部隆氏が「平成29年度予算編成方針について」質問。杉山勝経営企画部長は「重点施策推進枠に3億円を予算請求し、公営企業を除く、5部1委員会にそれぞれ5000万円ずつ振り分ける」と答え、「日本一の温泉観光地づくりへ向けた施策の推進と各部課長の企画立案に対するリーダーシップの向上が目的」と続けた。竹部氏は「住まうまち熱海とか、日本一の温泉観光地といった抽象的な施策ではなく、熱海発展の礎になった国内初となる温泉療養施設『噏滊舘(きゅうきかん)』を大湯間欠泉前に作る、といった風に具体的に取り組んでほしい」と斉藤栄市長に注文を付けた。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-22

    ダイヤモンド・プリンセスの乗客に熱海市の夫妻も 下船許可に安堵

    横浜港・大黒ふ頭に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で2月21日、新型コロナウイルスの…
  2. 2020-2-21

    静岡県立高校の入学願書締め切り 熱海は0.94倍 で定員割れ

    静岡県内の公立高校の入学願書の受け付けが締め切られ、県教育委員会は2月20日、志願倍率を発表した。…
  3. 2020-2-21

    新型肺炎感染に配慮 藤曲敬宏県議「県議会傍聴バスツアー」取りやめ

    新型コロナウイルスによる肺炎拡大で、熱海市選出の藤曲敬宏県議の後援会「藤曲たかひろ事務所」は、3月…
  4. 2020-2-20

    「大漁桜」が満開 漁師まちがサクラダイ色 網代・阿治古神社

    熱海市網代の阿治古神社で大漁桜(タイリョウザクラ)が満開を迎えた。多賀中で校長を務めた故角田春彦さ…
ページ上部へ戻る