【社会】花火工場「イケブン」で爆発事故、池谷光晴社長が重体

12月12日午後3時50分ごろ、静岡県藤枝市の花火製造販売会社「イケブン」で爆発事故があった。工場敷地内の屋外のテントの中で火薬の玉を加工する作業をしている最中に爆発。池谷光晴社長(52)が全身やけど、左手首を切断する大けがを負った。従業員の増田恵美さん(43)も顔や頭部をやけどし、救急搬送さえたが、ともに重傷。警察と消防は13日も実況見分を行い、詳しい爆発の原因を調べる。
イケブンは50数年にわたり、熱海海上花火大会を手掛け、池谷社長は同社の5代目社長。熱海市では今週末の18日に今年最後の海上花火大会が開催される。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-20

    熱海保健所管内でコロナ変異株初確認 すでに発表している20代男性

    静岡県は4月20日、すでに発表している新型コロナウイルス感染者の内、熱海保健所管内の20代男性の変…
  2. 2021-4-20

    熱海は5月下旬の陽気 ツツジが見ごろの姫の沢公園にハイカー続々

    日本の都市公園100選に選ばれている熱海市の姫の沢公園で、斜面に植えられた6万株のツツジの…
  3. 2021-4-19

    【お悔やみ】秋山和歌子さん(熱海市上多賀)4月17日死去

    秋山和歌子さん(あきやま・わかこ)4月17日死去、75歳。熱海市上多賀743。モンマート伊豆弥。通…
  4. 2021-4-18

    「まん延」で首都圏の日帰り客激減 宿泊客がゆったり花火見物

    今年度最初の熱海海上花火大会が4月17日、熱海湾で開催された。前線の影響で小雨が降り続く中…
ページ上部へ戻る