【市政】起雲閣、次回は指定管理者を「公募」 市内団体との競争に期待

これまで非公募で決められてきた起雲閣の指定管理者について、熱海市は次回(2018年4月か2023年3月)から公募することを決めた。13日の市議会総務委員会で市当局が明らかにした。対象は市内で活動するNPO法人や任意団体だが、実績にある市内外の民間企業と合同でも可。公募は2017年度中に行い、従来通り料金収受代行制を採用する。市は現指定管理者のNP0法人あたみオアシス21の実績を評価しつつも、より良い効率性と透明性を目指して公募に踏み切った。契約は5年。
◆料金収受代行制 入館料は全て市に入れ、市から指定管理料と総収入額が目標額を上回った場合、報奨金を得るインセンティブ契約。

img_6532ss-1

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-26

    コロナ対策の「緩み」を警戒 熱海飲食3団体、カラオケ感染防止を強化

    11月に入り、全国でカラオケや接待を伴う飲食店で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が多発…
  2. 2020-11-26

    死んだ父親の特別定額給付金10万円を不正搾取 熱海市が被害届

    熱海署は11月25日、死亡した父親の特別給付金を不正受給したとして詐欺の疑いで住所不定の兄(49)…
  3. 2020-11-25

    3密避け、南熱海マリンホールで食中毒講習会 多賀、網代の飲食業者に注意喚起

    熱海食品衛生協会(森田金清会長)は11月25日、熱海市下多賀の南熱海マリンホール で「食中…
  4. 2020-11-25

    南あたみ第一病院「夏樹・平木文庫」開設 熱海ゆかりの作家・夏樹静子さん作品

    創立45周年を迎える南あたみ第一病院(熱海市下多賀)は11月28日、記念事業として「ミステリーの女…
ページ上部へ戻る