【社会】子ども食堂「SMAIL熱海寺小屋」スタート シニアにも開放


全国で動きが進む「子ども食堂」の活動が熱海市でも始まった。スマイル熱海(石橋浩美代表)は12月18日、今宮神社で第1回こども食堂「SMAIL熱海寺小屋」を開き、子どもたちにおにぎり、ワンタンスープ、鶏の空揚げ、雪だるまのマシュマロなど6品の食事を提供した。子どもたちに安心して過ごせる居場所をつくり、市民でサポートしようという活動で、地域の団体・商店などから寄せられた食材を、プロの調理師や同団体のスタッフが腕をふるい、100食分を用意した。
石橋代表は「休日に予定がない子ども、熱海に移住し、話し相手がいない子どもや親、一人暮らしの高齢者にもぜひ参加してほしい」と呼びかけ、参加対象を限定せず、子ども食堂とシニア、高齢者の生きがいづくりを併せ持つ、熱海方式の多世代コミュニティー「寺子屋」とした。
今後は月1回のペースで食堂を開き、次回は1月22日。
問い合わせは石橋さん☎080-2633-6718。

写真=泉明寺みずほさん(今宮神社)提供

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-25

    熱海市で高齢でない成人がコロナ感染 感染経路は県内陽性者との接触/1月25日

    静岡県は1月25日、熱海市に住む高齢でない成人(熱海市87例目、県4256例目)の新型コロナウイル…
  2. 2021-1-24

    熱海富士、序ノ口で優勝 千秋楽の優勝決定戦で連勝 将来の横綱に第一歩

    大相撲初場所は1月24日、東京・両国国技館で千秋楽の取組が行われ、ともえ戦で行われた序ノ口の優勝決…
  3. 2021-1-23

    梅咲けど、熱海梅園の来園者83%減 コロナの影響深刻 市内経済に打撃

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の影響で熱海梅園で開催中の「梅まつり」の来園者…
  4. 2021-1-23

    齋藤栄市長、県内35市町を代表して知事に緊急事態宣言を要望 知事は難色

    英国で流行している新型コロナの変異ウイルスが静岡県内で確認されたことを受け、県市長会の会長を務める…
ページ上部へ戻る