【観光】年明け待てない、早くも6種の梅が開花 熱海梅園に春の香り


熱海梅園の早咲き梅が新年を待てずに続々開花、市の観光関係者が「年末年始の誘客に追い風」と喜んでいる。12月下旬に入り、暖かい日が続き、早咲きの梅たちが競うように咲き始め、辺りには甘酸っぱい香りが漂っている。
クリスマスの12月25日、園内を散策すると八重寒紅・冬至梅・玉牡丹に続いて、八重野梅・紅冬至・増井緋梅が開花。これで59品種(472本)の梅の木のうち6種が花を咲かせた。早咲き梅は例年より3週間程度開花が早いが、異様に早かった昨シーズンよりは1週間程度遅い。
梅まつりが開幕する新年1月7日(~3月5日まで)から有料(一般300円、市民100円)となるが、それまでは無料で見ることができる。








関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-3

    令和樹神會、熱海中学校を訪問「モォー」塩見校長も豪快に「麦こがし」 

    来宮神社の例大祭で本年度御鳳輦(ごほうれん)奉仕を行う厄年奉賛会「令和樹神會」(れいわこだまかい)…
  2. 2020-7-3

    来宮神社「令和樹神會」の天狗慰問始まる 桃山小学校で「御鳳輦」伝統伝える

    来宮神社の例大祭(14~16日)で本年度御鳳輦(ほうれん)奉仕を行う厄年奉賛会「令和樹神會…
  3. 2020-7-3

    熱海市和田浜南町に新ホテル建設 地上9階建て31室 ニュータカハシ跡地

    熱海市和田浜南町に新ホテルが建設されることが分かった。場所は国道135号沿いのホテル「ニュータカハ…
  4. 2020-7-2

    熱海南ロータリークラブ、新会長に岸秀明さん 創立60周年事業を推進

    熱海南ロータリークラブは7月2日、熱海後楽園ホテルで今年度の初例会を開き、新会長に就任した岸秀明氏…
ページ上部へ戻る