【社寺】除夜の鐘 熱海市街にゴーンの音響く 誓欣院



熱海市上宿町の浄土宗法界山「誓欣院(せいごいん)」で大晦日の12月31日、参拝者による除夜の鐘突きがあり、「ゴーン」という鐘の音が熱海市街に響いた。午後11時から始まり、近隣の人や観光客が「そーれ」の掛け声に合わせて梵鐘を突き、その梵音によって百八の煩悩を消去、新年を迎えた。長田明頼住職長田住職に続いて参拝者が交代で107打をついた。
もともとは地元の檀家や近隣住民が除夜の鐘をついていたが、市の高齢化と少子化が進み、近年は観光客の参加が多くなったという。
参拝者には年越しそばが振る舞われ、大勢の人で賑わった。



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-3

    【動画】イベント自粛中の熱海梅園でゲンジボタル、ひっそりと幻想的な光のショー 

    例年なら6月上旬は初夏の風物詩「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」の真っ只中。多くの観光客や市民が…
  2. 2020-6-3

    特別定額給付金10万円 郵送申請分の振込み開始、初日は495世帯 熱海市

    国が国民1人当たり現金10万円を配る「特別定額給付金」の郵送申請者への給付が6月2日、熱海市でも始…
  3. 2020-6-3

    熱海市街、鮮やかな赤や赤紫に染まる ブーゲンビリアが一斉に満開

    熱海市ではブーゲンビリアが満開を迎え、鮮やかな赤や赤紫(マゼンタ)の花が初夏の街並みを南国ムードに…
  4. 2020-6-3

    熱海市の高齢化率(65歳以上人口)47・8%、静岡県の市で抜けてトップ

    静岡県は、2020年4月1日現在の総人口に対する65歳以上(高齢化率)と75歳以上(後期高齢率)を…
ページ上部へ戻る