【経済】世界情勢の転換期、内田会頭が賀詞交歓会で警鐘


熱海商工会議所(内田進会頭)、熱海温泉ホテル旅館協同組合(目黒俊男理事長)、熱海市観光協会(中島幹雄会長)など経済・観光三団体は1月4日、熱海商工会議所で新年賀詞交歓会を開いた。
斉藤栄市長をはじめ、杉山利勝市議会議長、藤曲敬宏県議、及川博行熱海署長など、市の行政、観光、経済団体と企業首脳など150人が一堂に会し、熱海のさらなる発展を誓い合った。
三団体を代表して当番幹事の内田会頭があいさつに立ち、「熱海は昭和44年のオイルショック、バブル崩壊、リーマンショック、東日本大震災の困難を山あり谷ありの中で乗り越えてきた。本日は今年最初の取引で日経平均株価がほぼ全面高となったが、今年は米国大統領がトランプ氏に代わり、ヨーロッパも極右政党が勢いを増し、保護主義に走りだしている。熱海は小さな温泉場だが、世界経済のちょっとしたことにかなり振り回されているのが現実」と堅調が続く熱海の産業界にあえて警鐘を鳴らし、「そのようなことをきょうの天気のように吹き飛ばし、市長さんともども頑張って前へ進みましょう」と、オール熱海の団結強化を呼び掛けた。

◆斉藤市長 今年は10年20年後の熱海の発展を目指して今後何をすべきか考える考える年。少子高齢化の中で熱海には約1万軒の別荘所有者がいるという特徴がある。来誘客の満足度を上げ、日本で一番の癒しと感動を与える街にすることに努めたい。
◆杉山議長 昨年度、宿泊者数が300万人を超えたが、14年前の平成13年より自然収入が26億円ほど減少しているという現実もある。50年前と同じように日本一の温泉観光地を目指すには様々な魅力に磨きをかけるとともに新たな資本を誘致する必要がある。
◆藤曲県議 昨年は地元経済団体の皆さんと連携を密にして、熱海の要望を国に届けた。おかげさまで長年の懸案だった第4工区の予算のめどがつき、国のクルーズ船誘致の戦略の中で、熱海港および芝生広場の利活用についての調査費がつく方向で進んでいる。オール熱海が結果となって表れてきている。






関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-22

    ダイヤモンド・プリンセスの乗客に熱海市の夫妻も 下船許可に安堵

    横浜港・大黒ふ頭に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で2月21日、新型コロナウイルスの…
  2. 2020-2-21

    静岡県立高校の入学願書締め切り 熱海は0.94倍 で定員割れ

    静岡県内の公立高校の入学願書の受け付けが締め切られ、県教育委員会は2月20日、志願倍率を発表した。…
  3. 2020-2-21

    新型肺炎感染に配慮 藤曲敬宏県議「県議会傍聴バスツアー」取りやめ

    新型コロナウイルスによる肺炎拡大で、熱海市選出の藤曲敬宏県議の後援会「藤曲たかひろ事務所」は、3月…
  4. 2020-2-20

    「大漁桜」が満開 漁師まちがサクラダイ色 網代・阿治古神社

    熱海市網代の阿治古神社で大漁桜(タイリョウザクラ)が満開を迎えた。多賀中で校長を務めた故角田春彦さ…
ページ上部へ戻る