【耐震診断】熱海の大規模建物4施設「倒壊の危険大」 震度6強以上で

静岡県は1月6日、1981年(昭和56年)5月以前の旧耐震基準で建てられた、県内の不特定多数の者が利用する大規模建築物44棟の耐震診断結果を公表した。熱海市内では7施設が対象となり、4施設が震度6強以上の地震で「倒壊・崩壊する危険性が高い」または「倒壊の可能性ある」とされた。このうち、東京資本のホテルチェーンの3施設は耐震改修を計画しているが、市街の老舗ホテル1施設は未定という。
2013年施行の改正耐震改修促進法は、耐震性が十分でない場合、所有者は耐震改修を行うよう努めなければならないと定めている。対象となる大規模建築物は建物の種類によって異なり、ホテル・旅館は階数が3以上かつ5千平方メートル以上。耐震診断の結果の公表は、昨年11月から全国の自治体で始まっているが、耐震不足が判明し、営業を断念する宿泊施設も現れている。
(熱海ネット新聞)

 

◆震度6強以上の地震で「倒壊・崩壊する危険性が高い」とされた熱海市内の施設
・熱海金城館本館(2019年9月、耐震改修工事着工予定)
・熱海ニューフジヤホテル本館(2019年9月、耐震改修工事着工予定)
・熱海玉の湯ホテル(未定)
◆震度6強以上の地震で「倒壊の可能性ある」とされた熱海市内の施設
・ホテル大野屋本館(2019年9月、耐震改修工事着工予定)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-24

    熱海富士、序ノ口で優勝 千秋楽の優勝決定戦で連勝 将来の横綱に第一歩

    大相撲初場所は1月24日、東京・両国国技館で千秋楽の取組が行われ、ともえ戦で行われた序ノ口の優勝決…
  2. 2021-1-23

    梅咲けど、熱海梅園の来園者83%減 コロナの影響深刻 市内経済に打撃

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の影響で熱海梅園で開催中の「梅まつり」の来園者…
  3. 2021-1-23

    齋藤栄市長、県内35市町を代表して知事に緊急事態宣言を要望 知事は難色

    英国で流行している新型コロナの変異ウイルスが静岡県内で確認されたことを受け、県市長会の会長を務める…
  4. 2021-1-23

    文豪坪内逍遥が愛した窓辺の春景色 双柿舎のあたみ桜が見頃に

    明治の文豪「坪内逍遙」の熱海の住居「双柿舎(そうししゃ)」であたみ桜が見頃に近づいた。庭に樹齢30…
ページ上部へ戻る