【市政】海中から万歳三唱、新成人を祝福 新春恒例「寒中水泳大会」


今年で71回目となる新春の伝統行事「寒中水泳大会」(主催=NPO法人熱海市体育協会、熱海市)が1月8日、熱海サンビーチであり、女性6人を含む7歳~74歳の44人が初泳ぎをした。毎年、市の成人式に合わせて行われるが、今年は前年より10度低い気温8・5度。水温15度。杉山誠一協会会長の「心身ともに清らかにして新成人を祝福しましょう。気合いを入れて頑張ってください」のあいさつに続いて、参加者たちは入念に準備運動。「祝成人」の鉢巻きを締め、水着やふんどし姿で水しぶきを上げながら気合いを込めて海に入った。
多くの家族や観光客、テレビカメラ、熱海署のパトロール艇「はやぶさ」らが見守る中、沖合へ30メートルほど泳ぎ、笑顔で万歳を何度も三唱。新成人の門出を祝福した。
大会後は、スタート前に血圧、体温等の身体検査を受けた旅館「渚館」に戻り、熱海温泉にじっくりつかり、冷えた体を温めた。
◆北島鉄修さんの話(73歳、2番目に高齢) 気温より水温のほうが約7度高く、海に入ると冷たさは感じないが、海を出ると身を切るように寒さを感じる。もう20年続けて参加しているが、以前には雪の日もあり、それよりは暖かかった。80歳まで続け4人分の成人を祝いたい。








関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-5

    自民県議連、起雲閣で熱海・伊東の経済団体と意見交換 県への要望聴取

    静岡県議会の最大会派「自民党改革会議」の観光産業振興議員連盟(宮沢正美会長)は6月4日、熱…
  2. 2020-6-4

    コロナ対策優先、熱海フォーラム事業凍結 齋藤栄市長が議会で表明 

    熱海市の齋藤栄市長は6月4日、市議会6月定例会で、新型コロナウイルスの感染拡大防止に対応するため、…
  3. 2020-6-3

    【動画】イベント自粛中の熱海梅園でゲンジボタル、ひっそりと幻想的な光のショー 

    例年なら6月上旬は初夏の風物詩「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」の真っ只中。多くの観光客や市民が…
  4. 2020-6-3

    特別定額給付金10万円 郵送申請分の振込み開始、初日は495世帯 熱海市

    国が国民1人当たり現金10万円を配る「特別定額給付金」の郵送申請者への給付が6月2日、熱海市でも始…
ページ上部へ戻る