【文化】伊豆文学賞 ホテルニューアカオで最終審査会


第20回伊豆文学賞の最終審査会が1月10日、熱海市のホテルニューアカオであった。静岡県に縁のある村松友視さん(直木賞受賞)、嵐山光三郎さん(読売文学賞受賞)、太田治子さん(坪田譲治文学賞受賞)が出席し、23都県と海外2カ国から応募があった小説・随筆・紀行213編の中から最終選考に残った10作品について意見を交換。最優秀作品1点(賞金100万円)、優秀賞1点(賞金20万円)、佳作2点(賞金5万円)を選んだ。結果は11日に発表される。
◆村松友視さんの話 今回が20回目の節目の年というところに意味がある。賞が定着し、質の高い、実力のある作品がそろった。静岡、伊豆を描いた内容が成熟している。
◆伊豆文学賞 文学のふるさと伊豆をはじめとする静岡県内の自然や地名、行事、人物、歴史などを題材とした文学作品を公募。川端康成の「伊豆の踊子」や井上靖の「しろばんば」に続く新たな文学作品や人材を見いだそうと1997年から毎年開催。
◆主催 静岡県、伊豆文学フェスティバル実行委員会。



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-9-18

    地元の勝俣孝明衆院議員は「河野太郎氏支持」 自民党総裁選が告示

    自民党総裁選が9月17日告示され、立候補した河野太郎行政改革担当相、岸田文雄前政調会長、高市早苗前…
  2. 2021-9-18

    紅白の彼岸花、オレンジの金木犀が見頃に 熱海梅園は秋景色

    秋の3連休を前に熱海梅園の蛍川のほとりで赤い彼岸花(別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)に続い…
  3. 2021-9-18

    【お悔やみ】大曽根達男さん(熱海市網代)9月16日死去

    大曽根達男さん(おおそね・たつお)9月16日死去、87歳。熱海市網代205。通夜19日午後6時。葬…
  4. 2021-9-16

    盛り土業者と当時の市の対応 齋藤栄市長、10月中旬に内容公表

    熱海市の伊豆山土石流で、熱海市の齋藤栄市長は9月15日、市議会9月定例会で答弁し、「10月中旬を目…
ページ上部へ戻る