【観光】糸川遊歩道のあたみ桜ライトアップ、開花超早く前倒し開始 


平年より2週間以上早いペースで開花が進んでる糸川遊歩道のあたみ桜が見ごろを迎えたことから、予定を早めて1月11日からライトアップが始まった。糸川沿いには河口から約300メートルの区間で両岸に54本の「市の木」あたみ桜が植えられ、ピンク色の花が照明で浮かびあがっている。ほとんどの木が8分咲きに近づき、あたみ桜・糸川桜まつりが開幕する21日には最高の見ごろを迎える。ライトアップは御成橋-渚橋間。時間は午後5時から11時。満月前夜の月も上面支援している。



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-12-4

    元サッカー日本代表・中田英寿氏、熱海でトークショー 「工藝と食」熱弁

    熱海市のMOA美術館は12月4日、サッカー元日本代表MF・中田英寿氏、人気パティシエ・鎧塚…
  2. 2020-12-4

    金森和道さん、熱海市清水町にコロナ対策専門店 市民の感染対策に一助

    新型コロナウイルスの感染症拡大防止に役立ててほしいと、熱海市清水町に新規オープンした「あん…
  3. 2020-12-3

    熱海市で新たに70歳男性がコロナ感染 12月に入り3日連続

    静岡県は12月3日、熱海市で新たに70歳代男性の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。これで…
  4. 2020-12-3

    12月9、10日に市議会「一般質問」 コロナ禍の諸問題で論戦 質問全掲

    熱海市議会11月定例会は12月9、10日に一般質問を行う。竹部隆議長・橋本一実副議長と田中秀宝氏を…
ページ上部へ戻る