【観光】糸川遊歩道のあたみ桜ライトアップ、開花超早く前倒し開始 


平年より2週間以上早いペースで開花が進んでる糸川遊歩道のあたみ桜が見ごろを迎えたことから、予定を早めて1月11日からライトアップが始まった。糸川沿いには河口から約300メートルの区間で両岸に54本の「市の木」あたみ桜が植えられ、ピンク色の花が照明で浮かびあがっている。ほとんどの木が8分咲きに近づき、あたみ桜・糸川桜まつりが開幕する21日には最高の見ごろを迎える。ライトアップは御成橋-渚橋間。時間は午後5時から11時。満月前夜の月も上面支援している。



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-22

    26日からワクチン予約開始 申し込み殺到に備え、受付電話を午後8時まで延長 

    熱海市は、65歳以上(約1万7800人)を対象とした新型コロナウイルスのワクチン接種の予約受け付け…
  2. 2021-4-22

    【お悔やみ】下村征夫さん(熱海市西熱海町)4月20日死去

    下村征夫さん(しもむら・いくお)4月20日死去、79歳。熱海市西熱海町2の11の10。通夜23日午…
  3. 2021-4-21

    「プリンス スマート イン 熱海」開業 スマホ完結の“非接触型”ホテル

    プリンスホテルは4月21日、低料金の新ホテル「プリンス スマート イン 熱海」(地上8階…
  4. 2021-4-20

    熱海保健所管内でコロナ変異株初確認 すでに発表している20代男性

    静岡県は4月20日、すでに発表している新型コロナウイルス感染者の内、熱海保健所管内の20代男性の変…
ページ上部へ戻る