【社会】和田町の住宅火災で6人が重軽傷 石油ファンヒーターが原因か

住宅が密集する熱海市昭和町で1月13日あった建物火災で、6人が顔面や手足の火傷、骨折などで市内の病院に搬送された。出火元の石井明光さん(67)の家族4人と近隣の住民2人。このうち、重傷は石井さんと石井さんの長女・飛白(かすり)さん(31)、莞山荘に住む村上英子さん(85)の3人。石井さんと飛白さんは市外の病院に転送された。軽傷が石井さんの妻・まり子さん(65)、同孫・綺珠(じゅじゅ)ちゃん(4)、近くのビルに住む道口トミエさん(69)。
焼け跡から見つかった遺体は石井さんの孫で私立富士保育園に通う愛夢(らむ)ちゃん(6)とみられ、警察が身元の確認を行っている。愛夢ちゃんは市の幼年消防クラブのメンバー。出火原因は調査中だが、石油ファンヒーターの可能性が高まっている。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-9-18

    地元の勝俣孝明衆院議員は「河野太郎氏支持」 自民党総裁選が告示

    自民党総裁選が9月17日告示され、立候補した河野太郎行政改革担当相、岸田文雄前政調会長、高市早苗前…
  2. 2021-9-18

    紅白の彼岸花、オレンジの金木犀が見頃に 熱海梅園は秋景色

    秋の3連休を前に熱海梅園の蛍川のほとりで赤い彼岸花(別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)に続い…
  3. 2021-9-18

    【お悔やみ】大曽根達男さん(熱海市網代)9月16日死去

    大曽根達男さん(おおそね・たつお)9月16日死去、87歳。熱海市網代205。通夜19日午後6時。葬…
  4. 2021-9-16

    盛り土業者と当時の市の対応 齋藤栄市長、10月中旬に内容公表

    熱海市の伊豆山土石流で、熱海市の齋藤栄市長は9月15日、市議会9月定例会で答弁し、「10月中旬を目…
ページ上部へ戻る