【社寺】熱海サンビーチで「どんどん焼き」、1年の無病息災を祈る


正月にかかげられたしめ飾りなどを、ご神火をもって焚き上げる神事「第32回どんどん焼き」(連合町内会中部部会主催)が1月15日、熱海サンビーチであった。市民、観光客らおよそ500人が燃え上がる炎に1年の無病息災を祈った。
点灯を前に来宮神社の雨宮盛克宮司による神事が執り行われ、お飾りやだるまを若竹で組み上げた高さ20mのおんべに火をつけると、炎が一気に盛り上がった。おんべを取り囲んだ参加者たちは、伝統行事を楽しんだ。
どんどん焼きの火で焼いた団子を食べると風邪をひかないと言い伝えられ、連合町内会中部部会(実行委員長・内田實本町町内会長)は、今年も市民や観光客に紅白の団子を500人分と焼き芋約300個をふるまった。
◆どんどん焼き 古くなった神札(おふだ)、正月の松飾り・注連縄(しめなわ)・書き初めなどを家々から持ち寄り、一カ所に積み上げて燃やし、無病息災を願うお正月の火祭り行事。「どんど焼き」、「おんべ焼き」とも呼ばれる。正月15日ごろにかけて行う。
◆連合町内会中部部会(本町・汐見町・東銀座町・浜町・銀座町・東町・中央渚町・旭町・温泉通り町・友楽町)








関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-1

    コロナで閉鎖の市営駐車場が再開 熱海サンビーチ、自家用車で行楽客続々 

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の日曜日となった5月31日…
  2. 2020-5-31

    熱海市の一斉清掃始まる 先陣切って西山町内会、三密避け各組が分散開催

    熱海市では毎年6月の第1日曜日を中心に、梅雨時期の衛生向上と夏の観光シーズンに備えて各町内…
  3. 2020-5-30

    姫の沢公園の駐車場 県内客念頭に再開 アスレチック広場に多くの家族連れ

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の週末を迎えた5月30日、…
  4. 2020-5-30

    経済損出額191億円 3〜5月の熱海宿泊客数、前年比3分の1以下

    熱海市は5月29日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3月から5月の宿泊客数が去年の同じ時期の3…
ページ上部へ戻る