【歳時記】大縄海岸で熱海最大の「どんどん焼き」、炎に無病息災祈る


熱海でもっとも歴史のある和田木地区の「どんどん焼き」が1月15日、網代駅に近い大縄海岸で行われ、無病息災と五穀豊穣(ほうじょう)を祈る炎が一気に燃え上がった。一度途絶えたものを「和田木親と子の会」(佐藤真理子会長)初代会長の川口市雄さんが町おこしの一環として復活して以来40数年続いている。同会の家族と和田木町内会(川口覚会長)が竹林から切り出した竹にお正月飾りや護守、だるまなどを加え、高さおよそ20メートルに組み上げた。
竹は1年間、寝かせて乾燥させたものを使うのが伝統で、点火するやパチパチと音を立て瞬く間に燃え上がった。
地元の土屋良一さんによれば、和田木地区は古くから農業が盛んで、お盆の季節になると害虫駆除のため、大縄海岸で大規模なたき火を実施。多賀海岸とは別に108基のかかり火が夜空を焦がしたという。お正月には「どんどん焼き」。子どもたちはこの2つの行事を何より楽しみにしていた。
厄よけとされる焼いた竹は、町内会や地元消防団員細かく割って参加した人たちや町内に配った。それぞれ自宅の玄関などに飾り、魔除けや豊作を祈念する。
(熱海ネット新聞)



和田木地区のどんどん焼きは、2週間に渡って準備作業が行われた=1月8日撮影


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-10

    東急不動産、熱海港観光のホテル建設計画取り下げ コロナで先行き見通せず

    東急不動産(東京都渋谷区)が熱海港観光施設(現海釣り施設駐車場)の市有地を借り受けて会員制ホテルを…
  2. 2020-7-8

    休業要請外の売上減事業者 一律10万円給付 申請受付7月17日まで

    新型コロナウイルスのために収入が減った事業者のうち、休業協力金の対象から外れた事業者に熱海市が独自…
  3. 2020-7-8

    熱海の名所めぐる「湯~遊~バス」 7月10日から運行再開 

    小田急グループの伊豆東海バスは、熱海市内の名所旧跡を循環する「湯~遊~バス」の運行を7月10日から…
  4. 2020-7-8

    9月5日の秋の納涼海上花火大会も中止 熱海•伊豆山温泉

    熱海市の伊豆山温泉の観光関連3団体は新型コロナウイルス感染症防止のため、9月5日(土)に予定してい…
ページ上部へ戻る