【社会】宙に浮かぶ房総半島の島々、熱海からくっきり 珍しい「浮島現象」

「数年に1度」とされる強い寒気の影響で、上空約5千メートルに氷点下39度以下の寒気が流れ込み、今季一番の冷え込みを記録した1月15日。気温が急激に低下することなどの原因で沖合の島が海面に浮かぶように見える「浮島現象」が起こり、熱海市下多賀の小山臨海公園で熱海ネット新聞が写真に収めた。蜃気楼(しんきろう)の一種で、気温が海水温より下がった時に発生する。ご覧のように房総半島の島々が宙に浮かび上がるようにくっきりと見て取れた。こちらも数年に一度。熱海市民でも滅多にお目にかかれない光景。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-9-20

    秋づく熱海、ススキの穂が秋風に揺れる 赤紫の萩の花鮮やか 姫の沢公園

    例年より遅い秋を迎えた熱海市の姫の沢公園で秋の七草の一つ、萩が見頃を迎え、赤紫のかれんな花…
  2. 2021-9-20

    3連休で熱海サンビーチに多くの人 緊急事態宣言の長期化で息抜き

    秋の3連休の中日となった9月19日、熱海の人出は、前週日曜の12日から増えた。緊急事態宣言の長期化…
  3. 2021-9-18

    地元の勝俣孝明衆院議員は「河野太郎氏支持」 自民党総裁選が告示

    自民党総裁選が9月17日告示され、立候補した河野太郎行政改革担当相、岸田文雄前政調会長、高市早苗前…
  4. 2021-9-18

    紅白の彼岸花、オレンジの金木犀が見頃に 熱海梅園は秋景色

    秋の3連休を前に熱海梅園の蛍川のほとりで赤い彼岸花(別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)に続い…
ページ上部へ戻る