【社会】宙に浮かぶ房総半島の島々、熱海からくっきり 珍しい「浮島現象」

「数年に1度」とされる強い寒気の影響で、上空約5千メートルに氷点下39度以下の寒気が流れ込み、今季一番の冷え込みを記録した1月15日。気温が急激に低下することなどの原因で沖合の島が海面に浮かぶように見える「浮島現象」が起こり、熱海市下多賀の小山臨海公園で熱海ネット新聞が写真に収めた。蜃気楼(しんきろう)の一種で、気温が海水温より下がった時に発生する。ご覧のように房総半島の島々が宙に浮かび上がるようにくっきりと見て取れた。こちらも数年に一度。熱海市民でも滅多にお目にかかれない光景。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-7

    「熱海市の発展に使って」市にゆかりのある夫妻が匿名で3000万円寄付

    熱海市は8月7日、「熱海市の発展のために使ってほしい」と、熱海市にゆかりのある夫妻から現金3000…
  2. 2020-8-7

    【お悔やみ】石塚周三さん(熱海市和泉)8月4日死去

    石塚周三さん(いしづか・しゅうぞう)8月4日死去、79歳。熱海市泉。通夜8日午後6時。葬儀9日午後…
  3. 2020-8-6

    熱海サンビー混雑状況 初めて「普通」表示 800人以下の「空き」脱出

    熱海海上花火大会が開催された8月5日、熱海サンビーチには首都圏などから多くの海水浴客が訪れた。新型…
  4. 2020-8-6

    4カ月遅れて熱海海上花火大会 ライブ配信が奏功 生観覧は例年の約4割

    新型コロナウイルスの影響で4月から中止が続いた熱海海上花火大会が8月5日夜、熱海湾であり、…
ページ上部へ戻る