【社会】宙に浮かぶ房総半島の島々、熱海からくっきり 珍しい「浮島現象」

「数年に1度」とされる強い寒気の影響で、上空約5千メートルに氷点下39度以下の寒気が流れ込み、今季一番の冷え込みを記録した1月15日。気温が急激に低下することなどの原因で沖合の島が海面に浮かぶように見える「浮島現象」が起こり、熱海市下多賀の小山臨海公園で熱海ネット新聞が写真に収めた。蜃気楼(しんきろう)の一種で、気温が海水温より下がった時に発生する。ご覧のように房総半島の島々が宙に浮かび上がるようにくっきりと見て取れた。こちらも数年に一度。熱海市民でも滅多にお目にかかれない光景。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-22

    大相撲デビューの熱海富士、序ノ口で6勝1敗 千秋楽の優勝決定戦へ 

    大相撲初場所は1月22日、東京・両国国技館で13日目の取組が行われ、東序ノ口25枚目の熱海富士(1…
  2. 2021-1-22

    熱海市で高齢でない女性がコロナ感染 感染経路は県外陽性者との接触/1月22日

    静岡県は1月22日、熱海市に住む高齢でない成人の女性(熱海市68例目、県4101例目)の新型コロナ…
  3. 2021-1-22

    熱海市昭和町の雑居ビル火災 遺体の身元が判明 59歳の住人女性

    1月9日に熱海市昭和町のアパートや事務所が入った雑居ビルが全焼した火災で、焼け跡から見つかった遺体…
  4. 2021-1-22

    今宮神社、節分豆まきを中止 神事と福引きの抽選は実施

    熱海市の今宮神社は、2月2日に予定していた「節分豆祭」の豆まきの中止を決めた。午後5時から節分祭神…
ページ上部へ戻る