【仲見世振興会】「貫一・お宮なべ」を振る舞い「金色夜叉」をPR


尾崎紅葉筆塚祭を盛り上げようと、熱海駅から筆塚への通り道となる「熱海仲見世振興会」(椎野文夫会長)は1月17日、同祭に合わせ、仲見世通り商店街で温かい「貫一・お宮鍋」600人分を振る舞った。
「貫一鍋」はサバのつみれ汁。「お宮鍋」はナメコのみそ汁。同振興会では金色夜叉のPRと商店街の活性化のために、2008年から毎年このイベントを続けており、今年で10年目。鍋をを楽しみに訪れた市民に尾崎紅葉祭や梅園梅まつりに向かう観光客も加わり、湯気の立つ2つの大鍋の前には列ができた。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-7-24

    【観光】熱海の夜空に「どどーん」と5千発、夏季海上花火大会シリーズ開幕  

    熱海海上花火大会の夏季シリーズ第1弾が7月23日、熱海湾であった。午後8…
  2. 2017-7-23

    【社寺】御神船「両宮丸」網代を勇壮に渡御、「ヤーヤー」の掛け声響き渡る

    熱海市網代の阿治古神社(杦嵜賢宮司)例大祭・御神幸行列が7月23日挙行され、…
  3. 2017-7-23

    【経済】「にっぽん丸」熱海港入港、 仙台から花火観賞に425人

    豪華客船「にっぽん丸」(久保滋弘船長、全長166・65メートル、2万2472トン…
  4. 2017-7-23

    【イベント】ミス熱海「梅娘」梅澤美咲さん、巡視艇「いずなみ」一日船長

    スパマリーナ熱海第3桟橋を会場に7月23日、「マリンフェスタ・アタミ2017…
ページ上部へ戻る