【観光】常春熱海、梅と桜の共演でピンク色に染まる あたみ桜は満開 


 熱海市内各所で1月19日、あたみ桜が満開になった。平年より2週間以上の開花速度だった2016年を上回るスピード。21日から「糸川桜まつり」が始まる糸川遊歩道では58本のあたみ桜が最高の見頃を迎えている。今月7日に「梅まつり」が開幕した熱海梅園では、472本の梅の377本が開花し、開花度はほぼ4分咲き。早咲き種の271本は見頃に近づいた。
花見と言えば、今でこそ主役は桜だが、奈良時代は梅が主流で万葉集には多くの句が詠まれている。梅と桜の共演は他所でも話題になるが、季節は4月~5月にかけて。新春1月に梅と桜を一緒に楽しめるのは常春熱海だけだ。





あたみ桜




熱海梅園の梅

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-18

    人気ユーチューバー佐藤ひとみさん、熱海市に30万円寄付 愛のサークルリンク

    コロナ禍などによる生活困窮者の食糧支援に取り組む一般財団法人愛のサークルリンク(佐藤ひとみ代表)は…
  2. 2021-1-18

    熱海市で高齢者男性1人がコロナ感染 感染経路は県外陽性者との濃厚接触

    静岡県は1月18日、熱海市に住む高齢の男性(熱海市83例目、県3876例目)の新型コロナウイルス感…
  3. 2021-1-18

    来宮神社、コロナ感染拡大で節分豆まき中止 神事と福引抽選会のみ実施

    熱海市の来宮神社は、2月2日に予定していた「節分祭・豆まき」の中止を決めた。例年、節分の日に合わせ…
  4. 2021-1-18

    和田木など南熱海4地区で「どんどん焼き」 燃える炎にコロナ終息祈る

    新春の風物詩「どんどん焼き」が1月17日午前、南熱海の4地区で開催された。もっとも歴史のあ…
ページ上部へ戻る