【経済】熱海後楽園ホテルに日帰り温泉施設 2019年春に熱海最大級

東京ドームは1月19日、昨年8月に取り壊した熱海後楽園ホテルのみさき館跡地に新たな宿泊施設と日帰り需要をターゲットとした複合型リゾート施設を建設し、2019年春に開業すると発表した。鉄筋8階、床面積約17,000㎡で総工費は約110億円。日帰り温泉施設は熱海最大級で年間25万人、宿泊施設(100室)はタワー館と合わせて15万人の動員を見込んでいる。新館は温泉施設のほか、伊豆をテーマにしたダイニング&マーケット、屋外には季節ごとのイベントが開催できるテラスや憩いの広場を設ける。東京ドーム100%子会社の東京ドーム・リゾートオペレーションズが運営する。
旧みさき館の年間利用者はおよそ5万人で、新施設が完成すれば、2016年にリニューアルしたタワー館(18階=客室89)との相乗効果で大きな経済効果が期待できる。写真は完成イメージ。


日帰り温泉施設内休憩スペース

日帰り温泉施設内露天風呂

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-26

    新型コロナ 静岡県内の検査、24日までに75件 全員が「陰性」

    川勝平太静岡知事は2月25日、国内外で感染者が増えている新型コロナウイルスによる新型肺炎について、…
  2. 2020-2-26

    28日の逍遥忌記念祭の式典中止 “新型コロナ”に配慮 海蔵寺墓参は実施

    熱海市は2月26日、28日に起雲閣で予定していた「逍遥忌記念祭」の式典を中止すると発表した。新型コ…
  3. 2020-2-26

    渚親水公園の大寒桜が満開 熱海市街、梅から桜に主役が再交代

    季節の変わり目に差し掛かり、三寒四温の影響で熱海市街の大寒桜(おおかんざくら)が一斉に満開…
  4. 2020-2-26

    2月定例会で市長が施政方針 熱海フォーラム規模縮小 図書館抜きで整備

    熱海市議会2月定例会が2月25日、開会した。齋藤栄市長は施政方針演説で、新年度を「熱海2030年ビ…
ページ上部へ戻る