【経済】熱海後楽園ホテルに日帰り温泉施設 2019年春に熱海最大級

東京ドームは1月19日、昨年8月に取り壊した熱海後楽園ホテルのみさき館跡地に新たな宿泊施設と日帰り需要をターゲットとした複合型リゾート施設を建設し、2019年春に開業すると発表した。鉄筋8階、床面積約17,000㎡で総工費は約110億円。日帰り温泉施設は熱海最大級で年間25万人、宿泊施設(100室)はタワー館と合わせて15万人の動員を見込んでいる。新館は温泉施設のほか、伊豆をテーマにしたダイニング&マーケット、屋外には季節ごとのイベントが開催できるテラスや憩いの広場を設ける。東京ドーム100%子会社の東京ドーム・リゾートオペレーションズが運営する。
旧みさき館の年間利用者はおよそ5万人で、新施設が完成すれば、2016年にリニューアルしたタワー館(18階=客室89)との相乗効果で大きな経済効果が期待できる。写真は完成イメージ。


日帰り温泉施設内休憩スペース

日帰り温泉施設内露天風呂

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-13

    疫病退散の願い込め「赤いナイアガラ」 熱海・伊豆多賀温泉海上花火大会

    熱海市の長浜海浜公園で8月12日夜、「伊豆多賀温泉海上花火大会」が開催された。今年は集客イ…
  2. 2020-8-13

    コロナ感染防止対策の適合証明ステッカー完成 500飲食店へ交付始まる

    「熱海市飲食業コロナウイルス対策協議会」が製作していた感染防止対策ができていることを証明するステッ…
  3. 2020-8-12

    熱海はうだるような暑さ 今年最高の36度、初の猛暑日 夜も熱帯夜

    熱海市は8月12日も厳しい暑さが続き、網代で午後1時36分に今年最高の36度を観測。今年初めて猛暑…
  4. 2020-8-12

    濃いピンク、夏の代表花木サルスベリ 熱海梅園・中山晋平記念館を彩る 

    猛暑が続く中、熱海梅園の中山晋平記念館の庭で、夏を代表する花木のサルスベリが濃いピンクの色…
ページ上部へ戻る