【編集室】日本一の通学路がベール脱ぐ、さくらの名所散策路


熱海市が県立熱海高とJR伊豆多賀駅を結ぶ通学路にするとともに、多賀湾が見渡せる桜の観光名所にしようと工事を進めている「さくらの名所散策路」で1月22日、あたみ桜が見頃を迎えた。散策路は2002年に工事に着手したが、同校寄り342メートルが完成した時点で用地買収が難航し中断。県の協力を得て14年度に工事を再開した。全長760メートルのうち、本年度は残り261メートルの工事を行い、3月1日の同校卒業式に仮開通させる。同月中に供用を開始する。
桜並木には、あたみ桜、ヒマラヤ桜など多くの桜が植栽されているが、これから開通に向け、市が下多賀で花植している桜を植えつけるという。川勝平太静岡県知事は「完成すれば、県で一番美しい通学路どころか、日本一美しい通学路ができる」。斉藤栄市長も「散策路を通年利用して、南熱海の誘客につなげたい」と期待を寄せている。
(熱海ネット新聞)







 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-26

    新型コロナ 静岡県内の検査、24日までに75件 全員が「陰性」

    川勝平太静岡知事は2月25日、国内外で感染者が増えている新型コロナウイルスによる新型肺炎について、…
  2. 2020-2-26

    28日の逍遥忌記念祭の式典中止 “新型コロナ”に配慮 海蔵寺墓参は実施

    熱海市は2月26日、28日に起雲閣で予定していた「逍遥忌記念祭」の式典を中止すると発表した。新型コ…
  3. 2020-2-26

    渚親水公園の大寒桜が満開 熱海市街、梅から桜に主役が再交代

    季節の変わり目に差し掛かり、三寒四温の影響で熱海市街の大寒桜(おおかんざくら)が一斉に満開…
  4. 2020-2-26

    2月定例会で市長が施政方針 熱海フォーラム規模縮小 図書館抜きで整備

    熱海市議会2月定例会が2月25日、開会した。齋藤栄市長は施政方針演説で、新年度を「熱海2030年ビ…
ページ上部へ戻る