【編集室】本田・ムルコス・パジュサコバ彗星 熱海上空に「ほうき星」

世界的なアマチュア天文家、故本田実氏らが発見した、本田・ムルコス・パジュサコバ彗星(すいせい)が、約5年ぶりに地球に接近している。2月11日ごろ地球に最接近し、ほうきのような長い尾をひくと聞き、熱海ネット新聞は先週末から熱海上空を連日観測してきた。2月10日午前3時過ぎ、尾が長く伸びて輝いていると思われる彗星を写真に収めた。暗く小さくてまだ見づらいが、最接近する11日は明るさが増し、肉眼でも確認できるという。双眼鏡を使えばかなり見えやすくなる。とにもかくにもは明暁は熱海湾の東の空に注目だ!
◆本田・ムルコス・パイドゥシャーコバー彗星 鳥取県出身の世界的なアマチュア天文家である、本田実氏(1913~90年)が1948年12月にチェコ・スロバキア(当時)の天文学者と発見。太陽の周囲を約5年3カ月かけて周回。最接近時には地球から約1200万キロまで近づく。プラズマテイル(ガスの尾)の形がさまざまに変化するのが特徴。今回は発見から13回目の回帰。


白い矢印が彗星、黄色の矢印は明日(11日)未明に見える位置


ほうき星のイメージ=資料写真=

追伸=撮影機材が十分でなく、思うように彗星を撮影できませんでしたが、熱海サンビーチ周辺の夜景はバッチリ!(熱海ネット新聞)


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-26

    熱海市、中小事業者に2度目の給付金10万円 1月か12月の売上半減が条件

    熱海市は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言などの影響で売り上げが大幅に減少した中小事…
  2. 2021-1-25

    熱海市で高齢でない成人がコロナ感染 感染経路は県内陽性者との接触/1月25日

    静岡県は1月25日、熱海市に住む高齢でない成人(熱海市87例目、県4256例目)の新型コロナウイル…
  3. 2021-1-24

    熱海富士、序ノ口で優勝 千秋楽の優勝決定戦で連勝 将来の横綱に第一歩

    大相撲初場所は1月24日、東京・両国国技館で千秋楽の取組が行われ、ともえ戦で行われた序ノ口の優勝決…
  4. 2021-1-23

    梅咲けど、熱海梅園の来園者83%減 コロナの影響深刻 市内経済に打撃

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の影響で熱海梅園で開催中の「梅まつり」の来園者…
ページ上部へ戻る