【予算案】一般会計予算185億8500万円 熱海フォーラムは計上せず

熱海市は2月14日、平成29年度当初予算案を発表した。一般会計は前年度当初比2・7%増の185億8500万円で4・97億円の増加。最近10年では2番目の規模。特別会計と公営会計を合わせた予算総額は0・3%増の376億3163万円(同)。歳入は市民税、入湯税を含め0・9%減の96億6600万円を見込んでいる。
日本でナンバー1の温泉観光地づくりの目玉として、およそ9千4百件あるリゾートマンション及び別荘所有者に配慮し、専属の職員1人を「別荘コンシェルジュ」に配置したり、専用ネット回線設置などに500万円を盛り込んだ。また市チャレンジ応援センター「A-biz」の機能強化に1800万円を充て、専属アドバイザーを公募する。学校施設の改修では初島小中学校に1億2895万円、多賀中に9500万円。初の認定こども園新設に6156万円、火葬場施設の全面改修に1億3000万円を計上した。一方、難航している旧岡本ホテル跡地に市民ホールや図書館などの複合施設を整備する「熱海フォーラム」は計上していない。斉藤栄市長は2月21日の施政方針演説で説明したいとしている。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-23

    紅葉色づく庭園 秋の一般公開始まる 熱海・植物研究園、29日まで

    紅葉の見頃を迎えた熱海市の市村清新技術財団・植物研究園で11月23日、「秋の一般公開」が始…
  2. 2020-11-22

    地平線に沈む夕陽に歓声、「トワイライト運行」 熱海・十国峠ケーブルカー

    秋の3連休に合わせ、熱海市と函南町に位置する十国峠ケーブルカー(伊豆箱根鉄道)で11月21…
  3. 2020-11-22

    「我慢の3連休」 紅葉色づく熱海梅園、第3波よそに観光客続々

    深まる秋、日本一遅い紅葉の名所・熱海梅園でも紅葉の色づきが進んでいる。新型コロナウイルスの…
  4. 2020-11-21

    前日発表の熱海市の陽性患者と一緒に勤務と食事、伊東市でコロナ感染者

    静岡県は11月21日、伊東市の高齢でない成人(県1118例目)が新型コロナウイルスに感染したと発表…
ページ上部へ戻る