【編集室】今年も始まった憂うつ渋滞 熱海をスルー、クルマは南へ

熱海市内の車の流れががらりと変わった。先週までは熱海梅園へ向かう熱函道路が混雑していたが、熱海をスルーして伊東方面へ向かう国道135号線へ方向転換。ご覧のように2月15日も平日にもかかわらず、大渋滞が続いた。まるで夏の海水浴シーズンを思わせるような混雑だ。写真は午前10時23分ごろの渚小公園前。見ごろを迎えた大島桜の蜜を求めるメジロもきょとんとしている。そう、2月10日から始まった河津町の「みなみの桜と菜の花まつり」が原因。今年はあたみ桜も梅の開花も早いが、河津桜も開花も早い。河津川沿い4キロの桜並木はかなり手ごわい。
3月16日には待望の「さくらの名所散策路」が開通式を迎える。熱海の観光関係者は、それまでじっと我慢、そう胸に秘めている。期待はソメイヨシノとともに膨らむー。
(熱海ネット新聞・松本洋二)



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-11

    御神女の小川寧子さん、伝統の「神女神楽」を披露 来宮神社例大祭で奉納

    来宮神社例大祭で「神女神楽(みこかぐら)」を奉納する小川寧子(おがわ・ねね)さん(第一小1年)が7…
  2. 2020-7-10

    来宮神社例大祭 「浦安の舞」公開稽古 コロナ予防で歴代初のデュオ奉納

    熱海市の来宮神社(雨宮盛克宮司)例大祭(7月14-16日)で「浦安の舞」を奉納する舞姫2人が7月1…
  3. 2020-7-10

    東急不動産、熱海港観光のホテル建設計画取り下げ コロナで先行き見通せず

    東急不動産(東京都渋谷区)が熱海港観光施設(現海釣り施設駐車場)の市有地を借り受けて会員制ホテルを…
  4. 2020-7-8

    休業要請外の売上減事業者 一律10万円給付 申請受付7月17日まで

    新型コロナウイルスのために収入が減った事業者のうち、休業協力金の対象から外れた事業者に熱海市が独自…
ページ上部へ戻る