【編集室】今年も始まった憂うつ渋滞 熱海をスルー、クルマは南へ

熱海市内の車の流れががらりと変わった。先週までは熱海梅園へ向かう熱函道路が混雑していたが、熱海をスルーして伊東方面へ向かう国道135号線へ方向転換。ご覧のように2月15日も平日にもかかわらず、大渋滞が続いた。まるで夏の海水浴シーズンを思わせるような混雑だ。写真は午前10時23分ごろの渚小公園前。見ごろを迎えた大島桜の蜜を求めるメジロもきょとんとしている。そう、2月10日から始まった河津町の「みなみの桜と菜の花まつり」が原因。今年はあたみ桜も梅の開花も早いが、河津桜も開花も早い。河津川沿い4キロの桜並木はかなり手ごわい。
3月16日には待望の「さくらの名所散策路」が開通式を迎える。熱海の観光関係者は、それまでじっと我慢、そう胸に秘めている。期待はソメイヨシノとともに膨らむー。
(熱海ネット新聞・松本洋二)



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-8-23

    最強地下アイドルユニット「仮面女子」、熱海海上花火大会に出現

    夏季熱海海上花火大会開催に合わせ、打ち上げ前に親水公園イベント広場で開かれる「ゆかたで遊ぼ…
  2. 2019-8-23

    懲役2年、前伊東市長の実刑確定 伊東市、退職金5400万円を全額返還請求へ

    伊東市の旧伊東マンダリン岡本ホテル跡地売買をめぐる贈収賄事件で収賄の罪に問われ、一審に続き二審の東…
  3. 2019-8-23

    東海汽船、「熱海⇆大島」高速ジェット便、往復3500円 62%OFF

    今年11月に創立130周年を迎える東海汽船は8月23日、「熱海⇄大島」航路の高速ジェット船を往復3…
  4. 2019-8-23

    熱海中でPTA奉仕作業 今宮、来宮、伊豆山の厄年奉賛会が“助っ人”

    熱海中学校で8月22日、PTA奉仕作業(渡邉昇会長)が行われた。生徒、保護者、教職員が校舎内外の清…
ページ上部へ戻る