【文化】リニューアル記念名品展 光琳二大国宝展、2週間で来場3万人突破 

MOA美術館で3月3日まで開かれている特別展「リニューアル記念名品展+杉本博司『海景—ATAMI』」の入館者が2月18日、3万人を突破した。3万人目になったのは、神奈川県伊勢原市の石川菊夫さん(65)、美保子さん(63)夫妻。会社の友人からすごいところだと聞き、今回はじめて来館。国宝「紅白梅図屏風(びょうぶ)」を楽しみに訪れたという。内田篤呉館長から美術館ガイドブックと花の茶屋の食事券の記念品が贈られた。同美術館は約11カ月にわたる大規模改修を終え、2月5日に再開館。1日2000人のペースで入館者を重ね、13日目で3万人を超えた。
写真=MOA美術館

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-7

    「熱海市の発展に使って」市にゆかりのある夫妻が匿名で3000万円寄付

    熱海市は8月7日、「熱海市の発展のために使ってほしい」と、熱海市にゆかりのある夫妻から現金3000…
  2. 2020-8-7

    【お悔やみ】石塚周三さん(熱海市和泉)8月4日死去

    石塚周三さん(いしづか・しゅうぞう)8月4日死去、79歳。熱海市泉。通夜8日午後6時。葬儀9日午後…
  3. 2020-8-6

    熱海サンビー混雑状況 初めて「普通」表示 800人以下の「空き」脱出

    熱海海上花火大会が開催された8月5日、熱海サンビーチには首都圏などから多くの海水浴客が訪れた。新型…
  4. 2020-8-6

    4カ月遅れて熱海海上花火大会 ライブ配信が奏功 生観覧は例年の約4割

    新型コロナウイルスの影響で4月から中止が続いた熱海海上花火大会が8月5日夜、熱海湾であり、…
ページ上部へ戻る