【観光】「白獅子」「乱雪」、凛と輝く 青空に一層白さ際立つ


遅咲き梅がピークを迎える中、2月19日、白梅の「白獅子」と「乱雪」が可憐な花を咲かせ、来園者を楽しませている。異様に早かった前年より、さらに1週間ほど早い。青空を仰ぎ見ながらこれらの花を観賞すると、白さが一層際立つ。この時期にしか見ることのできない観賞法でファンが多い。これで59種472本ある園内の梅のうち、58種が開花。まだ咲いていないのは「開運」だけとなった。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-12-1

    萌える紅葉 熱海の紅葉狩り名所、MOA美術館「茶の庭」

    (さらに…)…
  2. 2021-12-1

    熱海梅園で「紅梅」八重寒紅が開花、上皇陛下への献上梅出そろう

    紅葉のピークを迎えている熱海梅園で11月30日、紅梅の八重寒紅(やえかんこう)が開花した。白梅の冬至…
  3. 2021-12-1

    来年3月の東伊豆町長選 元参院議員岩井茂樹氏氏が立候補表明

    6月の静岡県知事選に出馬して敗れた元参院議員の岩井茂樹氏(53)が11月30日、東伊豆町町内で会見し…
  4. 2021-11-30

    義援金 支援金の総額18億5000万円に 熱海土石流

    今年7月3日に発生した熱海市伊豆山の大規模土石流で、市は11月30日、同日現在で全国から寄せられた義…
ページ上部へ戻る