【市政】外国人向けに「地震・津波避難マップ」 英語で避難路や避難ビル紹介


熱海市は、相模トラフ沿いの大地震などの津波浸水予測図を基に、避難所情報等を記載した外国人向け「地震・津波避難マップ」を制作した。熱海サンビーチ、渚親水公園、熱海港など、現在いる海岸付近からの避難ルートや避難ビルを英語で記載している。2020年東京五輪・パラリンピック大会に向けて訪日外国人観光客の急増が見込まれることから市の観光、危機管理担当部署と㈱インターリスク総研が協同で作成した。熱海のセントラルエリア(中央地区)も英語で紹介している。
1万5000部を市内の各地区旅館組合・観光協会、熱海観光案内所、商工会議所、飲食団体等で配布する。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-10-24

    世界ポリオでー 熱海南ロータリークラブ、熱海駅で撲滅呼びかけ

    ポリオ(小児まひ)の根絶を目指す世界ポリオデーの10月24日、熱海南ロータリークラブ(岸秀…
  2. 2020-10-23

    熱海の奥座敷・小嵐町に温泉宿「SOKI ATAMI(そき あたみ)」開業

    小田急グループのUDS(東京都渋谷区)は10月22日、熱海市の奥座敷・小嵐町に11月1日開…
  3. 2020-10-22

    全国でも珍しい泊まれる国の登録文化財 旧井上馨公爵熱海邸 初の一般公開 

    熱海市教育委員会は10月22日、文化財所有者の協力で熱海市泉にある国登録有形文化財「旧井上侯爵家熱…
  4. 2020-10-22

    熱海の80代女性がマダニ感染症 静岡県で今年8例目、このうち5例が熱海市

    静岡県は10月21日、熱海市の80代の女性がマダニの媒介によるとみられる「日本紅斑熱」を発症したと…
ページ上部へ戻る