【市政】外国人向けに「地震・津波避難マップ」 英語で避難路や避難ビル紹介


熱海市は、相模トラフ沿いの大地震などの津波浸水予測図を基に、避難所情報等を記載した外国人向け「地震・津波避難マップ」を制作した。熱海サンビーチ、渚親水公園、熱海港など、現在いる海岸付近からの避難ルートや避難ビルを英語で記載している。2020年東京五輪・パラリンピック大会に向けて訪日外国人観光客の急増が見込まれることから市の観光、危機管理担当部署と㈱インターリスク総研が協同で作成した。熱海のセントラルエリア(中央地区)も英語で紹介している。
1万5000部を市内の各地区旅館組合・観光協会、熱海観光案内所、商工会議所、飲食団体等で配布する。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-15

    熱海市で新たに2人がコロナ感染 ともに無症状、50歳代男性と高齢者

    静岡県は1月15日、熱海市に住む50歳代男性と高齢者(性別は公表を望まず)の新型コロナウイルス感染…
  2. 2021-1-15

    あたみ桜の蜜を求め、メジロが飛来 「糸川桜まつり」開幕から1週間 

    熱海市は1月13日現在のあたみ桜の開花状況を発表した。「あたみ桜糸川桜まつり」(〜2月7日…
  3. 2021-1-14

    富士山も祝福 熱海富士、寄り倒しで2勝目 熱海市の滝知山展望台が名所に  

    大相撲初場所は1月14日、東京・両国国技館で5日目の取組が行われ、熱海市出身で東序ノ口25…
  4. 2021-1-14

    熱海市で5人のコロナ感染確認 3人は未成年者、2人は高齢でない成人

    静岡県は1月14日、熱海市に住む5人の新型コロナウイルス感染を新たに確認した、と発表した。このうち…
ページ上部へ戻る