【市政】姉妹都市別府から熱海公式訪問団、長野恭紘市長など32人 


熱海市の姉妹都市である大分県別府市の長野恭紘市長をはじめとする公式訪問団が2月23日、市役所に斉藤栄市長を訪ね、交流を深めた。
熱海市は昨年11月、姉妹都市提携50周年の記念と、熊本・大分地震後の風評被害で観光に影響があった別府市を元気づけようと公式訪問団を募り、2泊3日の日程で訪問。市民を中心に斉藤栄市長、杉山利勝市議会議長、市議、目黒俊男熱海温泉ホテル旅館協同組合理事長、瀧野慶子熱海女性連絡会会長、ミス熱海など61人が参加し、復興を支援した。
今回はその返礼で、長野別府市長、堀本博行市議会議長、西譲二商議所会頭、梅野朋子観光協会会長、小川雅代旅館ホテル組合副会長、ミス別府ら32人が1泊2日の日程で熱海市を訪れた。100人規模で予定していたが、熱海市内のホテル旅館が満杯で規模を縮小して熱海入り。24日は熱海梅園とMOA美術館を見学した。
◆世界温泉地サミット 来年5月25~27日に別府市で「世界温泉地サミット」を開催。国内外の温泉地の代表らが温泉を生かした活性化策を話し合う初の国際会議。欧州最大規模の温泉があるハンガリー・ブダペスト、タイ・チェンマイ、別府市の姉妹都市であるニュージーランド・ロトルアなど約20都市が参加予定。


別府市友好交流訪問団 夕食交流会=ホテル・サンミ倶楽部

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-3

    【動画】イベント自粛中の熱海梅園でゲンジボタル、ひっそりと幻想的な光のショー 

    例年なら6月上旬は初夏の風物詩「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」の真っ只中。多くの観光客や市民が…
  2. 2020-6-3

    特別定額給付金10万円 郵送申請分の振込み開始、初日は495世帯 熱海市

    国が国民1人当たり現金10万円を配る「特別定額給付金」の郵送申請者への給付が6月2日、熱海市でも始…
  3. 2020-6-3

    熱海市街、鮮やかな赤や赤紫に染まる ブーゲンビリアが一斉に満開

    熱海市ではブーゲンビリアが満開を迎え、鮮やかな赤や赤紫(マゼンタ)の花が初夏の街並みを南国ムードに…
  4. 2020-6-3

    熱海市の高齢化率(65歳以上人口)47・8%、静岡県の市で抜けてトップ

    静岡県は、2020年4月1日現在の総人口に対する65歳以上(高齢化率)と75歳以上(後期高齢率)を…
ページ上部へ戻る